スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーリスト

ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー共演の
サスペンス・スリラー。DVD借りてきた。
ロードショーで観るつもりが、例の大震災で劇場が閉鎖してしまい、結局観れなかった。
でも実のところ、それほど観たいと思ってなかった。
理由は、こういう豪華共演を売り物にした映画って、スターを撮ることに終始して、
中身が伴わないんじゃないかという、ネガティブな予測をしたから。

でもこの映画、初めから二人の出演ありきじゃなかったみたいね。
最初はトム・クルーズで、次にサム・ワーシントンに移って、
結局ジョニー・デップにお鉢が回ったらしい。
女優も当初はシャーリズ・セロンだったみたいだし。
二転三転の結果、期せずして当代一のマネーメイキングスターの共演となったらしい。

しかもリメイクなんだってね。
オリジナルは2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」というやつらしい。
初めて耳にしたけど、ソフィー・マルソー主演だっていうから、
そこそこの映画なんでしょう。

話はいたってシンプル。
お金を持ってトンズラした男の指示で、女は似た男を囮に仕立てる。
女はアンジーで、男はジョニデだ。
美女に誘われて浮かれ気分でいたら、突然命を狙われて逃げ回る破目に。

でも、ネタはそんなに難しく考えなくても想像つくよね。
初めから、デップがアレキサンダーだろうと思って観てしまったもの。
「オレに似た男に声をかけろ」って言ったはいいが、違うやつ選んだらどうすんの?
って疑問もわくけど、それだけ自信があったということなんでしょう。
そこを突っ込むのは野暮ってことか。

エリーズがMI6の諜報員という展開までは読めなかったが、
彼女の上司の上司がティモシー・ダルトンというのは笑えた。
007からすっかり出世して、
下っ端が次々に取り出す書類にハンコ押すばかりの事務屋になっちゃってました。

エリーズの直属上司がポール・ベタニーってのも面白いキャスティングだ。
あいつ、悪役のイメージしかないんだけどね。
最後にフランク=アレキサンダーの構図に気づいたようだが、もう後の祭りでした。

ボートを使ったアクションがふんだんにあったり、いつも水場が画面に映っていたり、
水の都ベネチアが意識されていて、観ているこっちもツーリストになれる。
死ぬまでに一度は行ってみたいな。

スター映画なので、あまり深いものを求めても仕方ない。
旅行気分で軽~く観られる映画だった。

整形したアレキサンダーに、エリーズが最後に言うセリフが決まっていた。

-整形に2000万ドルもかけて、その顔なの?
-気に入らない?
-我慢するわ(笑)

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/992-7331968d

■映画『ツーリスト』

アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップという、今世界で最も人気があると言っても過言ではない二人の俳優が共演した大人のミステリー『ツーリスト』。 イタリアのヴェネチアを舞台に、謎の美貌の女性エリーズと彼女の連れとなった旅行者フランクの逃亡劇が始まり...

No.247 ツーリスト

【ストーリー】 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが初共演を果たしたミステリードラマ。「善き人のためのソナタ」のドイツ人監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナ ...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。