スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンフェア the answer

ここ数週間で、TVシリーズもスペシャルも劇場版第1作も全部観た。満を持しての第2弾鑑賞。イオンシネマのタダ券で観てきた。
探偵はBARにいる」に続いて、自分が住んでいた街がロケされた映画だ。今回は紋別。と言っても道民以外は聞いたこともないかもしれない。同じ道産子だって、道南出身だと道東方面はすごく遠いところというイメージがあるし。

でも、住んでみるとやっぱりいいところなのよね。冬は長い間あんな感じで雪に埋もれてるし、当然極寒の地なんだけど、人は温かいし、自然は雄大だし、食べ物はおいしいしで、とてもステキなところです。

そんな紋別に飛ばされた雪平だが、映画は篠原涼子と佐藤浩一の衝撃的なベッドシーンからスタートする。映像は予告編で観ていたけど、まさかここから始まるとは。度肝を抜かれました。

さらに驚くのは、雪平の元ダンナが殺人事件の被害者となってしまうことだ。レギュラーメンバーがまたひとり鬼籍に入ってしまった。香川照之、これからは歌舞伎に専念するということか?

この殺人の容疑者として追われる身となった雪平。山田孝之扮する検事の村上を人質に取って、発砲しまくるわ、パトカー吹き飛ばすわの大立ち回りの末、東京へと逃げのびる。逃亡劇を企てた村上も、さすがにあそこまでやるとは思ってなかっただろう。

今回の黒幕1人目は、大森南朋演じる殺人鬼の結城。ネイルガンで相手の息の根を止めるだけでなく、死んだあとも体中釘だらけにするというサイコキラーだ。本人はそれを芸術だと思ってるから性質が悪い。しかし本当の黒幕は別にいた。

結城を陰で操っていたのは、雪平が体を預けた男、一条だ。クライマックスでは結城と結託して一条の正体を暴くが、雪平って案外人を見る目がないよね。男運悪すぎだわ。

そして一条を使って、雪平の持つUSBメモリを手に入れようとした真の黒幕は、最後に雪平が褒めちぎった村上だった。ありゃま、新参者二人とも悪玉かい。レギュラー殺しすぎて、もう玉がなくなってしまったみたいだ。

細工のされたUSBメモリが雪平の遠隔操作で破壊された時、村上や一条と一緒にその場にいたのが薫ちゃんだ。前作のラストで斉木を射殺した狙撃手と目される薫ちゃんだから、本作ではもっと重要な悪役を演じるのかと思っていた。でも、途中で雪平から情報を得ようとするぐらいで、予想よりも出番は少ない。このシリーズの笑いを一手に引き受けているキャラだから、なんかあって死んじゃったりしたら、それはそれで困るもんね。まあこれで、誰の手先として動いていたのかはわかったわ。

これが最後かと思ったが、どうやらまだ先があるようだ。今回は元ダンナが死んで、雪平の手元に機密情報が残っただけで、話はそんなに進展していない。そろそろ決着つけようよ。第3弾「アンフェア the last」で締めてくださいな。

<おまけ>
劇中、やたら「USB」「USB」って連呼されてたけど、正式には「USBメモリ」でしょ。USBってのは「ユニバーサル・シリアル・バス」のことであって、メモリそのものではない。みなまで言わなくてもわかるだろと、あえて短くしたのならまだ許せるが、単なる勘違いなら恥ずかしいよね。

<おまけ その2>
スペシャル「ダブル・ミーニング」に出てた北乃きいは、まったく顔を出さず。寺島進は出てきたのに、なんで部下は出てこないの?・・・と思ったら、山路は捜査一課の特殊班から所轄に飛ばされていたのね。出世する阿部サダヲとは正反対のコースを順調に歩んでますな。次はどうなることやら。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/989-2db7a076

No.260 アンフェア the answer

【ストーリー】 篠原涼子主演で2006年に連続ドラマが放送、07年には劇場版も公開された刑事サスペンスの4年ぶり劇場版第2作。検挙率ナンバーワンを誇る敏腕刑事・雪平夏見は、北海道 ...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。