スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンフェア the movie

第2弾が公開中のTVシリーズ劇場版第1作。先日TV放映され録画したものを観た。
実はこのシリーズを今まで一度も観たことがなかった。だからこの第1作公開時もスルーしたのだが、よほど人気があるらしく続編が作られ、ちょっと興味がわいた。「今さらながらTVシリーズのDVD借りてこようかなー」と思っていた矢先、ローカルのさくらんぼテレビが夕方に再放送を開始。映画版の前章にあたるSPも流してくれたので、録画しておいて一気見した。そして、やっとこの第1作にたどり着いたという次第。

TVシリーズは、雪平夏見の一匹狼キャラが魅力的だった。しかし、雪平が信頼していた人間が次々と裏切る展開は、心に寒風吹きすさぶものがあった。推理小説予告型殺人は、自分と同じ匂いのする瀬崎が犯人。続く募金型誘拐は、親友の蓮見が実行犯。最後の×マーク連続殺人は、なんと相棒の安藤が黒幕という驚きの設定。安藤は一連の事件にも×サイトの管理人としか関わっており、「それはないだろう」とつい口走ってしまうほどの強引な種明かしだった。

SP「コード・ブレーキング」では、TVシリーズで明かされなかった父親の死の真相が明らかになる。ここでもまさかの犯人像は健在。あんなに優しく雪平に接してきた、父親代わりの安本さんとはね。

ただ、犯人それぞれに同情すべき強力な動機があるので、金目当ての蓮見を除いて、根っからの悪党はいない。哀しい背景がある分、やるせない想いも倍増なのがこのシリーズの特徴か。

そして今回の劇場版だ。レギュラー陣では、寺島進の山路管理官、加藤雅也の薫ちゃん、濱田マリの蓮見、愛娘の美央ちゃんが連投。嫌味な阿部サダヲは冒頭にちょっと出てくるだけで、旦那の香川照之は今回は出番なしだった。

一方、江口洋介演じる公安の斉木はSPからの連続出演で、劇中でも雪平の次に重要な役どころを担う。彼が出てくる時点で、今回雪平を裏切るのはこいつかなと薄々気づいた。重要人物=犯人がこのシリーズの持ち味だが、TVシリーズからのレギュラーメンバーで、その大役にふさわしい人はあまり残っていない。だから映画版の前にわざわざSPを作って、そこに斉木という重要キャラを登場させたのだ。その彼が映画にも出るなら、彼しかいないでしょ、犯人は。

それでも、あっさりバレないように色々工夫はされていた。SPから雪平の相棒に昇格し重要度の増した薫ちゃんは、途中で姿を消して怪しさプンプン。でも彼は咬ませ犬でした。そうなるようにSPから出番を増やしたんだろうから、なかなか用意周到だわ。

一番かわいそうだったのは美央ちゃんだ。冒頭いきなり車爆発に巻き込まれたと思ったら、今度は入院した病院が占拠され、黒色潰疽菌に感染して死の淵に。何でもありのシリーズだから、クライマックスではホントに死んじゃったかと思ったよ。生きててよかったわ。

蓮見を殺して80億を手に入れた斉木だが、ラストで何者かに撃たれ、雪平の腕の中で絶命する。あらら、また謎が増えちゃった。血まみれのUSBメモリが雪平に受け継がれ、こうやって次に続いていくのね。先日放送されたSP「ダブル・ミーニング」も録画してあるので、それを観たらいよいよ第2作「アンフェア the answer」を観に行くことにしよう。

<10/4追記>
斉木を撃った狙撃手が誰かという憶測がネット上にあふれていて、もう一度ラストを観てみた。確かに派手な柄の服がチラッと見えたわ。やっぱあれは薫ちゃんかー。上の人に「特殊任務だ」とでも言われたか。「ダブル・ミーニング」も観たが、ここでも薫ちゃん大活躍なのに。映画第2弾でその素顔が明かされるのかな。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/987-f20451d9

■映画『アンフェア the answer』

篠原涼子主演の人気ドラマシリーズの映画化二作目『アンフェア the answer』。 うん、まあ…。 何も考えずに映画単体として観るには、かなりエンターテインメント要素が盛り込まれていて、面白かったと思います。 観客を驚かそう、派手な絵を見せよう、そんな意識を?...

映画『アンフェア the answer』を観て

11-61.アンフェア the answer■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:109分■鑑賞日:9月24日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■入場料:0円(招待券) □監督・脚本:佐藤嗣麻子□原作:秦建日子□撮影:佐光朗□照明:加瀬弘行□美術:林田裕至□音?...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。