スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーロ

ダリオ・アルジェント監督がエイドリアン・ブロディと組んだ猟奇サスペンス。レンタルDVDで鑑賞した。
映画はジャンルを問わず観る方だが、アルジェント監督の作品はほとんど未見。かろうじて「サスペリア」をTVで観たぐらいだ。しかもかなり昔に。勉強不足を痛感する。

本作は有名スターを使ってるので、初心者にも入り込みやすいに違いない。ブロディはアカデミー俳優だし、エマニュエル・セニエと言えば「フランティック」を思い出す。エキゾチックな攻撃的フレンチ美女だったなあ。あれから20年以上経ち、美貌の衰えは隠せないけど、スタイルや身のこなしのよさは健在だ。20年前はセイナーって書かれてたっけ。フランス人だもの、やっぱセニエよね。

謎のタクシー殺人鬼によって連れ去られたモデルの姉がセニエ。彼女が助けを求めるのがブロディ演じるエンツォ警部だ。別の犠牲者が死ぬ直前に残した「黄色」の言葉によって、黄疸患者の線で探っていくと、聞き込みの病院でいかにも怪しく逃げる男を発見。その場では逃がしてしまうものの、カルテを手に入れて案外あっさり犯人にたどり着く。

「羊たちの沈黙」を想起させるミスリードがあったり、一度は逃げおおせた妹が結局また捕まってしまったり、犯人が姉のところにも現れて逃亡の手助けをさせようとしたり、なかなか先読みさせないクライマックスは面白かった。エンツォ警部のあの告白にも度肝抜かれたし。気持ちはわかるんだが、いくら昔話でも殺人は引くわ。すごすぎてリアクションに困る。

問題は、そこからラストにかけてだ。お姉さんを助けるために、体張ってがんばったエンツォ警部。なのに、犯人が死んじゃって妹の居場所が聞けなくなったと言って、助けたお姉さんから散々罵倒されるのだ。しまいには「人殺し」とまで言われる始末。確かに人を殺した過去はあるけど、今回の流れであそこまで言われる筋合いはないよなあ。あえて罵声を背中に浴びつつ去っていくエンツォ警部が、不憫で仕方なかった。

じゃあ妹は死んだのかというと違う。ボンクラ警備員が駐車場で変な音に気づいて、車の下の血だまりを見つけるのよね。そこで映画は終了。ずいぶんと中途半端な幕切れだわ。物足りないことこの上ない。

これが巨匠の仕事だと言われると、ちょっと納得が行かない。納得が行かないけれども、気になっていたことがあり、ちゃんとエンドクレジットまで観ることにした。

映画の冒頭から登場する犯人のタクシー運ちゃん。バックミラーに映る眼が、ブロディの眼に見えたのだ。あれ?ブロディは犯人役なの?

その後ブロディはちゃんと警部として登場。犯人も醜い風貌をさらすが、よくよく見ると特殊メイクっぽい感じもする。まさかブロディ二役?

でも結局最後まで、それらしき設定は出てこなかった。だからエンドクレジットでキャストを確認したかったのだ。そして犯人役の俳優の名前を見ると「バイロン何とか」と書いてある。あ、やっぱ違った。そりゃそうだよね。そんなトリッキーなストーリーじゃないんだから。

そう思って鑑賞終了し、その後IMDBの本作のページを見てみた。そこにはこう出ていた。

Adrien Brody ... Inspector Enzo Avolfi / Giallo (as Byron Deidra)

あら、やっぱりそうだったのか。さらによく見ると、この "Byron Deidra" って俳優名も "Adrien Brody" のアナグラムということに気づいた。これは一体何を意図してるの?

あんな対極的な役どころを一度に演じてしまうなんて、さすがブロディ。アカデミー俳優の面目躍如だ。でも、今ひとつ納得が行かないわ。二役演じる必然性はゼロだからね。唯一考えられる理由は「何か面白いんじゃね?」しかない。

アルジェントってそんな思いつきで映画作る人なの? そうなんだろうね。こっちが勝手に巨匠イメージ作ってるだけで、実際はただ面白いことが大好きな、ちょっと変わった爺さんなんだろう。

昨日誕生日を迎え、今年71歳のアルジェント監督。新作は「ドラキュラ」の3Dなんだって。「老いては益々壮んなるべし」を地で行く彼の作品を、もっと観たくなった。昔の映画も借りてこなくては。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/966-7214bd4e

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。