サイン

批判の声の多さから、期待はできないんだろうと思っていた。でも「シックス・センス」は忘れられない傑作だし、賛否両論「アンブレイカブル」も決して嫌いではない。シャマラン監督どうした?と、気になっていたのだ。
観終わって思ったのは、これからもこの路線で行くのかなぁ、ということである。一見なんのつながりもない事柄が、最後に意味を持ってくる、いわゆる仕掛け映画の前提は、仕掛け映画ということを観客が知らず観始めることじゃないんかな。路線が決定していれば、観客は仕掛けがあるだろうと思いながら観てしまう。結果、どんな仕掛けでであっても、作り手が狙うような驚きは生まれない。

それでも「アンブレイカブル」は、仕掛け以外の面白さ(アメコミヒーローの誕生を、コミックではなく映画そのものでやった)があった。でも今回は?仕掛けそのものが、ダウンサイズされてる。しかも、そこを補う何かもない。よって、途中のドラマにまったく緊迫感がないのだ。クライマックスもさほど盛り上がらんし。

批判の多いクリーチャーについては、さほど不満はありません。この作品の弱点は、もっと深ーい、別のところあるのだ。

しかしシャマラン監督、出るの好きだな。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/95-d42065ab

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】