スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイ・アム・ナンバー4

本日公開の超能力SFアクション。こういうの大好きなので、初日のレイトで観てきた。
予告編程度の前知識しかなかったので、本編始まってちょっと驚いた。え?この映画の主人公って宇宙人なの?

モガドリアンという鼻横にエラのついたのエイリアンたちに母星ロリエンを破壊され、ロリエン人は9人の子供を地球に逃がす。彼らは1番から9番まで番号で呼ばれ、大人になるにつれ特殊な能力が覚醒するらしい。んでもって、モガドリアンは彼らを追って地球に来ており、1番から順番に見つけては殺していく。現在3番まで死亡、次は4番目だ。

…SFの設定としてはちょっと幼稚くさいね。日本のライトノベルといい勝負だ。調べてみると、実際、本国において原作は児童書扱いみたいだし。

ロリエン人が地球人とまったく同じ外見で、高校生になると地球人と同じように女の子に恋をするっていうのも、「トワイライト・サーガ」をエイリアンでやってみたいだけに思える。順番っていうけど、何の順番なのか不明だし、モガドリアンがその順番通りに襲うのも不思議だ。ひとことで言えばご都合主義だらけ。

とまあ、叩けばホコリだのシラミだのがいっぱい出てきてしまうこの映画、実は結構楽しく観させてもらったのだ。

B'zの稲葉さんみたいな顔した主人公のナンバー4。正体がバレそうになると、身を隠すために守護者のヘンリーによって逃亡させられる。せっかくナイスバディのお姉ちゃんに誘われても、あと少しって時に足が光ったりして、すべて水の泡に。ありゃ悔しいね、ホント。

宇宙人にも思春期はあるので、次の逃亡先でも学校に行きたいと言ってヘンリーを困らせる。目立たず騒がずの条件つきで許されたものの、ちょっかい出してくるクソ男や、いじめられっ子のUFOオタク、そして変わった雰囲気の女子高生に登場されては、それも守れない。そしてお約束どおりのフォーリンラブだ。

この映画にのめりこめるかどうかの決め手は、ナンバー4が恋に落ちる相手のサラにあるといっても過言ではない。観客がナンバー4と一緒にサラを好きになってしまったら、あとは彼を応援するだけなのだから。

サラを演じたダイアナ・アグロン。本国では数々の人気TVシリーズに出ているようだが、スクリーンで観るのは初めて。この娘がものすごくかわいい! 出てきた瞬間にやられました。カメラ片手にわが道を往くツンデレ女子高生という役柄も魅力的なんだけれども、笑った顔もすました表情も全部ステキ。今年で25歳ということで、学生にはない色気があったのも納得だ。

そんな彼女とつきあうか別れるか悩むのもせつないし、彼女を守るためなら必死に戦うのも当然だ。結局別れなきゃいけないとしても、いつかこの街に帰ってきたいと思うのもわかる。いやはや作り手側の思うツボだな、こりゃ。全部、ダイアナちゃんのせいです。

本作にはもうひとり美女が登場する。ドゥカティを乗り回してナンバー4のあとを追う、ナンバー6だ。モガトリアン向けの特大銃をぶっ放し、瞬間移動の技を駆使して敵を一人ずつ確実に仕留めていく。なんともクールで心強い味方だ。

演じたのはテリーサ・パーマー。彼女、先日観た「魔法使いの弟子」では、主人公が10年間思い続けた運命の相手役だった。あっちでも魔女相手に奮闘していたが、基本的には純粋な女の子だ。その前は「ベッドタイム・ストーリー」で、奔放なホテル王の娘を見事にバカっぽく演じていた。観るたびに違う顔を見せてくれるテリーサ。派手めなルックスも嫌いじゃありません。最近の注目株だ。

男性陣では、「ダイ・ハード4.0」の悪役も記憶に新しいティモシー・オリファントがよかった。「ヒットマン」でも殺し屋役だったし、どうも殺伐とした印象しかなかったのだが、本作では一転してナンバー4を守る善人を好演している。彼が守護者ならなぜか安心できるんだわ。途中退場したのが惜しまれます。

そして、主人公のナンバー4だ。「アレックス・ライダー」でアレックスを演じたアレックス・ペティファーなのだが、あれ?こんな男だったっけ? もうよく覚えてません。今はアメリカン稲葉にしか見えないし。

彼の超能力は念動力。手のひらから放たれる光線で、相手を吹き飛ばしたり、車のエンジンをかけたり、飛んでくる銃弾を止めたりできる。ナンバー6との共同戦線は、まったく怖いものなしに見える。どんな宇宙人が来たって大丈夫なんじゃない?

サラと別れ、他の番号を探しに旅に出るナンバー4。完全に続編ありありなラストだが、6人のうち4人が出てきてないのだから、残りのメンバーも見てみたいのも事実だ。原作は6部作の予定らしく、あわよくば全部映画化して、ハリポタ並みの金儲けを企んでると思われる。

まあそれでもいいよ。1作目としては十分面白いものを観させてもらいました。次は、新たな仲間と共に、もっと強力な敵を相手に戦うんでしょ? もしかしたら新しい能力も見つかるかもね。期待通りのもので構いませんが、できればサラは再登場させてね。ダイアナちゃん、また観たいので。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/931-617c2183

■映画『アイ・アム・ナンバー4』

マイケル・ベイ製作、D・J・カルーソ監督という、ヒットメーカーが二人が手がけた異星人アクション・ムービー、『アイ・アム・ナンバー4』。 時節柄、ついつい“アイ・アム・スーパー8”と呼び間違えててしまったりしがちなこの作品ですが、なかなか見応えがあります...

映画:アイ・アム・ナンバー4

 やべっ。気がついたら近所の映画館では終わってるじゃん!と言う訳で残業終了後に都内で一番遅くまでやっているユナイテッドシネマ豊洲へ。ここってレイトショーでも1,300円と近所のレイトショーよりも100円高いのですが仕方ない。と言う訳でアイ・アム・ナンバー4を見...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。