スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダー

デ・ニーロとパチーノの2大スター豪華共演サスペンス。DVD借りてきた。
この二人が出演したマイケル・マン監督の「ヒート」も売りが同じだったが、実際の現場で二人は顔を合わせていない。唯一向き合うテーブルの場面でも、別撮りしたものを編集でつないだだけだ。それでも「ヒート」は相当話題になった。

本当に二人がひとつのショットに収まるとなれば、こりゃ映画界における大事件だ。あれから15年、いよいよそんな夢が実現する!

…と普通なら盛り上がってもいいところだが、劇場公開時にはさほど話題にならなかった。考えられる理由はただひとつ。二人が昔ほど活躍していないから。もうピークは過ぎたようなイメージがついてしまった。

二人が一線を走っていたのは大体10年くらい前まで。二人とも、21世紀になってからノミネートされた賞はラジー賞だけだ。どっちも大好きな役者ゆえに、ここ最近の停滞は寂しい限りだ。

本作も公開時は「男たちのヒート祭り」なんていうB級色物イベントの中の一作で、もちろん田舎のシネコンではかからなかった。アカデミー賞の常連だった名優が、まさかこんな扱いを受けるとは。

ちょっとブルーな気分をかみしめながら鑑賞スタート。しかし観終ってみると、「こんな扱いも仕方ないか」と納得させられる出来だった。ますますブルーだ。

いくら落ち目とはいえ、二人が画面に出てくればそれなりの迫力はある。なのに話の筋がこじんまりしすぎて、それに二人が収まっちゃってるのだ。これを役不足と言わずして何という?

デ・ニーロ演じる刑事は、連続殺人を告白する映像が途中何度も挿入されて、常に怪しくて疑わしい。一方パチーノ演じる刑事は、どこまでもデ・ニーロを信じ、かばい、守ろうとする頼れる相棒だ。

もうこの時点でネタが割れてしまっている。怪しげなデ・ニーロが怪しいまま終わるはずがないし、クリーンなだけのパチーノが見せ場もないまま終わるわけもないのだ。案の定、必殺仕事人はパチーノで、デ・ニーロは無罪。これって本当にひねってる?

このストーリーを映像化したいなら、彼らをキャスティングしちゃダメでしょうに。いくらショボくなったとはいえ、70年代から映画界を支えてきた巨星だよ。腐っても鯛って言葉知らないの? 知らないか、外人は。

脚本家は「インサイド・マン」も書いた人みたいだが、あれも劇中に人質尋問シーンを何度も入れてミスディレクションを図っていたっけ。今回も同じ手だね。他にアイディアないのかしらん。

二人がひとつの会議机に座ってパソコン画面を見る姿が、この映画を端的に表している。どうしてこんな風に同じ方を向かせるかな。それぞれの個性を際立たせたいなら、真っ向から対立させなきゃ。そういう意味で「ヒート」は正しかった。こっちは根本的に間違ってますよ。二人もよくこんなオファー受けたね。こんな映画に出ること自体、彼らの没落を表しているようだ。

二人がイマイチな分、女性陣は粒ぞろいだった。デ・ニーロの恋人役に、「スパイキッズ」で奥さんスパイを演じたカーラ・グギーノが出演。彼女、なんとなくセクシーで引き込まれます。

そしてもう一人。ヤクの購入をネタに囮捜査に使われる女弁護士ジェシカ。演じたのはトリルビー・グローヴァーという女優だが、この人がまあとにかく美人すぎ。演技力は今一歩で出演作も少ないようだが、能天気な役柄ならうまくこなせそうだ。好みかと聞かれれば、完全に好みです、はい。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/921-1e8ddfd2

ボーダー

52点 2008年のアメリカ映画で、 監督は「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」のジョン・アヴネット、 主演はロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ。 「ヒート」以来の二大スターの共演だ...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。