スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮雲

地元の映画鑑賞会で観た4本目。
日本映画を代表する作品にこんなこと言うのは勇気がいるが、結局のめりこめずに終わってしまった。バカな男と女のずるずる映画は、どうにも共感できない。「これが男と女というものだ」なーんて、したり顔で言えるほど経験ないもんで・・・。

高峰秀子はまだいい。何がいいのか知らんけど、好きになっちゃったんだからこりゃ仕方ない。どうしてもダメなのが森雅之。どうしようもない役柄もダメだし、それにマッチしすぎの風貌もダメ。それだけ素晴らしい演技力なんだろうが、男として受け入れ難いのだ。自分勝手で無責任で、でも女にはやさしい情けな男・・・あれ?自分のことを言ってるような気がしてきた(笑)。でも女にもてないから自分とはやっぱり違うわ。

森雅之に取られた妻を殺してしまう気のいい旦那役で、またまた加東大介登場。たった2日間で3回も見てしまった。あの顔はインパクトあるねー。いい役者だ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/88-7b56e09b

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。