ウォール街

23年ぶりの続編鑑賞を前に、正編を復習しておくことにした。レンタルDVD借りてきた。
当時大学生だった自分にとって、非情なマネーゲームの世界はあまりに無縁で、世間の絶賛ほどピンと来なかった記憶がある。オスカーを獲ったマイケル・ダグラスの演技には圧倒されたが、それ以上のものはなかった。

その後、業種は違うが金融の道へ進み、世の中の金の流れを理解した。しかし幸か不幸か、資産運用の部署に配属されることはなく、映画のような巨額の金に接する経験もしなかった。この映画を観ていたせいか、その種の仕事を希望したこともないし。毎朝起きれば世界の市場の動きが気になるような生活は、送りたくなかったのよ。

あれから四半世紀、改めて観てみるとものすごく面白い映画だったことがわかる。金の亡者として描かれるゴードン・ゲッコーだが、そのパワフルなカリスマぶりは「悪の華」と呼ぶにふさわしい。常に自信に満ち溢れた姿は男として憧れる。バドの父親が裏の顔を見抜けたのが不思議なくらい、全編魅力的なのだ。株主総会での緩急自在のスピーチは、あまりの名演説ぶりに鳥肌がたってしまうほどだ。

DVD特典のドキュメンタリーを見ると、当の本人はそれほど自信を持って演じていたわけではなかったらしい。役へのプレッシャーに追い詰められて必死に演技しているのに、ずっと台本ばかり見ている監督に対し、「オレはここにいるぞ!」と怒鳴ったとのこと。あの迫力は、ストーンのオヤジへの怒りが原動力だったのね。

主役のチャーリー・シーンも、この頃から「メジャー・リーグ」や「ホット・ショット」にかけての数年間がピークだった。ストーンのオヤジがいなければ、泣かず飛ばずの2世俳優で終っていたんじゃないだろうか。その後も何かと騒ぎを起こしてはニュースになり、先日も3度目の離婚が報じられたばかり。そんな彼だから、ゲッコーに裏切られて目が覚めた後よりも、金に目がくらんでいい気になってる場面の方がしっくり感じられる。ある意味ナイスキャスティングかも。

実の父親マーティン・シーンも、劇中良心代表的な役柄を好演しているが、インタビュー見るとどうも薄っぺらいのよね。やっぱり親子なんだなーと思ってしまう。映画の中での彼は、当時何の賞にも引っかからなかったのが理解できないほど、奇跡的に素晴らしいです。

当時話題作への出演が続いていたダリル・ハンナだが、本作の彼女は輝きがない。ゴードンの援助なくしては生きていけない金満女という役柄に、彼女自身が最後まで納得できなかったのが原因のようだ。しょっちゅう意見がぶつかったと、インタビューで監督がぼやいてました。そのせいか、ダグラス各賞総なめの裏でこっそりラジーの女優賞を授賞してしまって、ストーンのオヤジも罪なことをしたもんだ。

本作が公開された辺りから日本のバブル景気は始まった。行き過ぎた投機が行き着く先を明確に提示されたのに、まったく活かされる事なく、日本はあの狂気の時代へ突入していく。オレが就職した時には、バブルはすっかりはじけた後だったけど。

バブルを経験した世代をうらやましいと思う気持ちは、正直ないわけではない。でもあの時代に浮かれてしまい、身の程知らずの投資をして失敗した人も多い。自業自得だから同情はしないが、生まれるのがちょっと早かったら自分もそうなったかもしれないと思うと、これまた怖い。この映画が、いまだに自分とは無縁の話であることに感謝します。

<おまけ>
続編の予告編にも出てくる巨大携帯。本作ではゴードンとバドがこれ見よがしに使ってました。バドの自宅にパソコンがあるのも、当時としては画期的なんじゃない?オレなんかワープロに触ったのも、大学のゼミが初めてだったし。そういう意味でもすごい映画だわ、これ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[701] なつかし~

いや~、また懐かしい映画を引っ張り出してきましたね~wチャーリー・シーンは意外と演技がうまいことでこちらでは評価されています。実際コメディがすごく上手なので、シリアスもコメディもできる人は評価が高いのですよ。
そうか~パソコンは画期的だったんですねw
私は旦那が高校生の時からもっていたので(年がばれますが80年代前w)当時はあまり気にしなかったなぁwww
やはり金融関係の仕事を当時はしていたので、知り合いと大笑いしてみたのを覚えています。
ああいう感じの人は結構いたのが、今から考えるとすごいですけどね。
今はあれほどカリスマがある人はいるのかな?

[703] >Weanaさん

チャーリーって日本では過去の人という感じがします。最近はTVで活躍してるのかな?映画よりもスキャンダルの方が目にしますね。何度も結婚・離婚を繰り返して、いくつになってもお盛んですな(笑)。

続編の方はご覧になりましたか?映画としてはぬるい出来ですが、金融関係のリサーチは結構やったようです。

まあ、今になってリーマンショックを予言する男を描くのは、後出しじゃんけんみたいで、ちょっとずるい気もしますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/862-f1a15000

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】