スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ

公開初日は「白夜行」に譲ったので今日になった。「アンストッパブル」に続き、イオンシネマのレイトで鑑賞。
原作のコミックは、ブックオフで1巻だけ立ち読みしていた。結構面白くて続きも読みたいと思うが、映画が先になってしまった。

1巻にあたる、冒頭からネギ星人征伐までのくだりは、ほぼ原作と同じと言ってもいい。ここまで原作に忠実なら、コミックのファンも納得だろう。あ、ネギ星人のビジュアルは、原作の方がもっとグダグダだったかな。鼻水とかすごかったし。

と、原作比較ができるのはここまで。映画の後半は初めて観るストーリーだ。星人との戦いに生き残り、元いた世界に普通に戻る。しかしまたガンツに呼ばれ、田中星人やおこりんぼう星人と対決させられる。加藤をはじめ、最初にいた者たちの大半が死に、生き残った玄野らは戦い続けることを決意する。続きは後半へ!

・・・うまいです。すっかりハマりました。4月のPART2が待ち遠しすぎる。

一人一人のキャラクターを見ていくと、一番感情移入しやすいのがニノ演ずる玄野だ。ものすごい正義漢でもなければ、ものすごい才能があるわけでもない。就活中の普通の大学生だ。普通にエロいので、ついつい岸本見すぎてしまう。スーツが身体能力を格段にアップさせることがわかると、普通にうれしいので街でいろいろやってみたりする。腹立つ相手には普通に腹が立つので、おこりんぼう星人にも果敢に立ち向かう。そうこうしているうちに一端の戦士に成長し、自分の使命に目覚める。

嵐ファンでもないオレが玄野に好感を持てるのは、彼がどこにでもいそうな男だからだ。そんな男が最後にはあんなにでかい難敵を叩き潰す。等身大のヒーローだから、ついつい応援したくなるのだ。続編でのさらなる活躍が期待できるじゃないの!

一方、幼馴染の加藤は、少年院帰りの過去を持つ暗い青年。優しい性格なのはわかるが、戦闘ではあまり役に立たず、泣いてばっかりいる。岸本が犠牲になって死んでしまうくらい、彼の腰抜けは度が過ぎる。彼女の死でさすがに目が覚めたようだが、結局千手観音に串刺しゲームオーバー。

いい人な松ケンに合ったいい人な役柄ではあったが、あまり共感はできず。ただ、死んだと思ったのが実はそうではないようで、ラストの山田孝之の飛び入り参加と共に驚いた。後編で謎は明かされるんだろうが、全然想像がつかない。どうやら玄野とも対立するみたいで、これまた早く観たいところだ。

死んだといえば、本郷奏多演ずる西も復活するみたい。「GOTH」といい「ヤンキーくんとメガネちゃん」といい、彼はああいう斜にかまえた役が多いね。ニヒルに笑うのも堂に入ったもんだ。

トモロヲさんはほとんど見せ場がなく、ただオドオドする普通のおじさんで終ってしまった。でも、そんな役ならトモロヲさんをキャスティングする理由がまったくない。後半はその本性を現し、いろんな意味で活躍してくれるんだろう。もしかしたら後編の主役は彼だったりして。怪演を期待します。

本作のヒロインは今ブレイク中の吉高由里子だが、彼女を超える存在感を示したのが岸本を演じた夏菜だ。初めて観たと思うが、顔はかわいいわ胸はでかいわ脚は細いわ、もう演技力とかどうでもいいです(笑)。ニノでなくても、彼女のガンツスーツには釘付けになってしまう。オレが玄野なら、100点取って生き返らせるのは加藤じゃなくて彼女だね。迷うことなく。

エンドロールで流れる川井憲次のスコアも壮大で、感動と興奮と、続編への期待を最大限に盛り上げてくれる。「PERFECT ANSWER」公開まであと3ヶ月。早く来い来い4月23日。今度は公開初日に観に行こうかな。

<おまけ>
エンドクレジットを観ていたら、キャスティング担当が以前「瞬」のエキストラ出演の時にお世話になった人だった。その節はありがとうございました。これからもいい映画作りにがんばってください。

<2/21追記>
「しゃべくり007」に夏菜が出演したのを見た。映画とはちょっと顔が違う感じがしたけど、あれが素の彼女なんでしょう。かわいいことに変わりはない。

劇中のセミヌードは本人だったのね。絶対ボディダブルだと思ってた。もう1回観に行こうかな(笑)。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/860-0582ea8b

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。