スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャル・ネットワーク

批評家筋から軒並み高評価のフィンチャー監督最新作。これは公開日に観ておいた方がいい。イオンシネマのレイトショーで鑑賞。
なんか難しいね、この映画のこと書くの。面白かったのは確かなんだが、観終わってみるとそんなんでもない気がする。今年の賞レースの本命なのだが、それこそ「どの辺が?」評価されたのかよくわからないのだ。

フィンチャー監督作品らしくないのが、一番の理由かもしれない。さすがにもうセンセーショナルなものを求めたりはしないが、それでも「ゾディアック」の不気味さや「ベンジャミン・バトン」の不思議さなどは、フィンチャー監督の趣味趣向が感じられたものだ。

本作はどうだろう。誰も真似の出来ないサクセスストーリーを描いている点で、独特な感じはする。しかし悪い言い方をすれば、成功への過程で問題が起こったり、大事な人が離れていったりなんてのは、よくある話なんでないの? どうしてもフィンチャーが映画化しなければならない内容とは思えない。一言で言えば、物足りない。

成功の影で起こされていた2つの訴訟が、大きなポイントとなってるんだが、これだって結局和解金を払って一件落着なんでしょ? 金で済むレベルの問題だと思うと、大した話じゃないように感じてしまう。これも一言で言えば、物足りないのだ。

監督と物語には不満は残るが、役者たちには目を見張るものがあった。

フェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグ。頭はいいのだが、正論しか理解しようとせず、あいまいなものは徹底的に叩く。相手がどんなにいやな気持ちになってもお構いなし。人格に問題ありだ。でもそんな非・凡人でなければ、21世紀最大の成功者にはなれないのだろう。マークを演じたジェシー・アイゼンバーグは、決して華はないのだが、KYな天才プログラマーになりきり、難役を見事こなしていた。

その相棒のエドゥアルド。マークにCFOに祭り上げられるも、なんのことはない、ただの金づるだ。その後現れたナップスターのショーン・パーカーに足元をすくわれ、フェイスブックから追放されそうになり反撃に出る。アンドリュー・ガーフィールドが、イケメンなのにお人よしな親友を好演していた。びしょ濡れで「誰も空港に迎えに来ない!」と文句を言ったり、女に火をつけられてあたふたする彼が、この上なく不憫でした。

ジャスティン・ティンバーレイクも、口八丁なカリスマIT野郎になりきっていた。悪名高いナップスターの開発者だからどう見てもうさんくさいんだが、それでもちゃんと巨額の融資を引っ張ってくるんだから、実力は認めざるを得ないわね。

特殊な事例を描いているようで、実はよくあるお話だった本作。他の監督作品だったら評価に値する映画だが、フィンチャー相手にそれはできない。唯一フィンチャーっぽかったのは、「フェイスマッシュ」を8時間で作り上げるところかな。あのシーンは、HTMLとPHPぐらいしかわからない自分でも、「すげぇ」と思ったから。面白い題材なんだから、もっとマニアックに作ってもいいのよ、デヴィッド。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[696] ご無沙汰です

お久しぶりです。しばらくお休みしていたのかと思ってましたが、やっとお帰りですね。久々にのぞいたら更新していたので、嬉しくなりました。
この映画はこちらで見ましたが、役者が皆さん上手でしたね。でも、(特に主人公)すごい早口でしゃべるのにで、聞き取りにかなり苦労しました。
しかも言い回しがあの年代独特のしゃべり方もあるので結構大変w
フェイスブックは利用しているので、非常に興味深かったです。
でも、確かに終わった後に監督がフィンチャーだと聞いて「え?」という感じなくらい普通w
主人公は非常に欧米のどこにでもいる「おたく」の男のこでしたね~。
Taoさんのれびゅ楽しみにしています。
また、ちょくちょく遊びにきますね!

[697] ひさしぶり~♪

Weanaさん、お元気でしたか?コメントいただけてうれしいです。またちょくちょくお越しください。のぞくだけでも結構ですから。

フェイスブック、日本ではまだこれからという感じです。この映画によって一気に爆発するかも。そちらではもう日常の一部なんでしょうね。すごいですね。

今回も世間大絶賛なのに、このブログだけマイノリティな意見で、実際恐縮してます。お見限りなきよう・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/856-15f44526

「ソーシャル・ネットワーク」巨大SNSを創った、孤独な男の物語。

[ソーシャル・ネットワーク] ブログ村キーワード  世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック”の創設者、マーク・ザッカーバーグの半生を描いた本作「ソーシャル・ネットワーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。...

ソーシャル・ネットワーク

52点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ファイト・クラブ」のデヴィド・フィンチャー、 主演はジェシー・アイゼンバーグです。 2010年度のアカデミー賞で脚本賞、脚色賞、編集賞を受賞し...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。