ポセイドン・アドベンチャー

これも以前TVで観た。面白かった。ひさしぶりに観たのだが、よくできた人間ドラマだと思った。
強引で攻撃的な牧師ハックマンが導く、唯一の生きる道。これに従わない人は死んでいく。厳しいこと言うんだけど、それはみんなで助かるという目的を達成するため。苦しかったけど、最後には感謝される。あの人がいたから今の私がいるんだ、と。

これってまるで、今の企業社会を見てるかのようね。厳しい上司は部下から嫌われ、やさしい上司は部下から好かれる。でも「いい人」って毒にも薬にもならんのよ。厳しさの裏側に熱いものを持っている人は、成果を出すまで厳しさを持ち続ける。一番辛いのはホントは自分なのに。そして成果を出す。だから、その時は反発を買っても、後から思えば「厳しかったけど、あの時が一番良かった。一番成長することができた」と思い出されたりするのだ。

この映画は、そんなリーダーシップ論を語るのに持って来いの素材だ。今のような不景気な時代だからこそ、強いリーダーシップが求められる。愛情が深い人ほど、相手にも、そして自分にも厳しくなるのだ。「いい人」ってのは、自分がかわいいだけ。人からよく思われたいって、それだけだもんね。

さらにリーダーには、自ら戦場の最前線に立つことが求められる。ハックマン牧師は、いつも先頭にたって道を開き、最後は自ら犠牲になって仲間を助けようとする。まさにリーダーの鑑。なかなか真似できるもんじゃないわ。

映画の話からそれたけど、最後に愛する妻を失って吠えるボーグナインをはじめ、個性あふれる脇役がドラマを盛り上げる。半信半疑ながら牧師についていき、それぞれができる限りの努力をして、仲間を助けようとする。これに共感できん人はいないよね。船が逆さまになるというアイディアも斬新。パニック・ドラマの名作である。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/79-25e10a3b

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】