スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーピング

虫が嫌いなので、劇場公開時は思わずスルーしちゃった本作。あのイナゴ少女は、最近注目株のアナソフィア・ロブだと気づいて、俄然観る気になった。DVD借りてきた。
観る前は、虫を自在に操る能力を持つ少女が巻き起こす昆虫パニック映画だと思い込んでました。全然違いましたな。旧約聖書に出てくる「十の災い」が現代に甦るオカルトホラーでした。

このサタン復活劇のキーパーソンが、アナソフィア・ロブ演じる不気味少女ローレンだ。台詞もなければ、笑顔もなし。クライマックスでは、彼女に害を加えようとする人々に、顔色一つ変えずにイナゴの雨を降らせる。これはこれでインパクトがあって、彼女の役者魂を感じたけど、やっぱり明るく笑ってる方が彼女らしくていいな。

彼女以外にさほど興味があって観たわけじゃなかったせいか、イナゴ以外はあんまり興奮もせずに終わってしまった。十の災いがひとつずつ現実に起きていく展開も、あまり驚きはないし。

クライマックス、意外な犯人の種明かしに、急にミステリー映画になってしまったようで、正直とまどった。初子だの第二子だのの設定が、ちょっと複雑でよくわからなかったのも、すんなり驚けなかった一因。いろいろと伏線も張っていたようだから、もう1回観ればすっきりするんだろうけどな。ローレンが悪の権化じゃなかったことがわかってほっとしたのが、唯一の救いか。

地味だけど知的なオカルトスリラーだと思えば、見せ場も十分あって、悪くない出来だと思う。イナゴ映画だと思い込んで観てるから、こういう結果になるんでしょう。どうせなら、目も背けたくなるほど気味の悪い虫映画にしてくれたら、「いやー、気持ち悪かったー」と別の達成感が得られたかも。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/782-96ec4044

リーピングって怖いの?

ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。ヒラリー・スワンクとイナゴ少女が気になっていた「リーピング」観ました。 DMMでレンタルする あらすじ:オスカー女優、ヒラリー・スワンクと『チャーリーとチョコレート工場』のアナソフィア・ロブ共演によるホラー...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。