スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも昨日が選べたら

アダム・サンドラー+ケイト・ベッキンセイルなら見逃しちゃならんはずなのに、公開時見逃してしまった。今ごろDVD借りてきた。
邦題から連想して、昔の過ちやり直したい願望を叶えるストーリーかと思ったが、全然違いました。過去を再生することはできても、そこに戻って過去を書き換えることはできないのね。このタイトル、どうやって決めたんだろう?

ユニバーサル・リモコンができるのは、過去を再生することだけではない。ポースボタンで時間を止めたり、コメンタリー機能でジェームズ・アール・ジョーンズが人生解説してくれたり、自分のメイキング映像(!)が観れたり(あんま観たくないが)、顔色をカラー調整できたり、嫌な上司をワイド画面でデブにしたり。これだけの機能があったら、いろんなことできるよね。アイディアを一つずつ実践してくれる展開は、観てて本当に楽しい。

一時停止は犯罪に走ってしまいそうになるので、どうかと思うけど、過去の再生機能は、ぜひ試してみたいな。でも、記憶と随分ちがってるんだろうね。ニューマンの昔の彼女も、「これは男か?女か?」「アニマル・プラネットか?」と言われてたし(笑)。想い出は美しいままの方がいいのかも。

キーとなる早送り機能、こいつが便利なようでやっかいだ。嫌な時間を飛ばせるのはいいが、リモコンがそれを覚えていて、同じ状況にさしかかると勝手に早送りが作動してしまう。ニューマンはあっという間におじいさん。出世したのはいいが、愛する妻は去り、親の死に目にも会えず、何十年間の記憶もない。

そんな彼が家族に囲まれ、死を迎えるクライマックスは、涙が止まらなくてどうしようもなかった。後悔ばかりの人生だったけど、最後の最後、愛する人々に想いを伝えることはできた。せつなくて暖かくて、ここで映画が終わってもいいと思った。

だから、その後の夢オチ的展開は、最初は蛇足に見えた。それからは家族を大切にして暮らしましたとさ・・・そんなハッピーエンドは、ありきたりすぎるように思えた。でも、そんな失望感はあっさり吹き飛んでしまった。

・・・まさかあそこで"Ultra Violet"を流すとはね。この曲、U2の中でもダントツに好きなんだわ。"Baby Baby Baby"の連呼が、これ以上ないほどしっくり合っていて、またまたジーンと来てしまった。参った。

この映画、他にもわが青春時代のポップスをガンガン流してくれちゃって、たまりません。カーズに始まり、TOTO、T-REX、ティアーズ・フォー・フィアーズ、締めはエア・サプライだぜ。監督、間違いなく同年代だな。(調べたら3歳上でした)

いつも100%の信頼を置くアダム・サンドラー。今回も高いレベルの仕事で、安心して身を任せていられました。誕生日がオレと一緒なのよね。それだけでも、ひいきにしたくなるってもの。ちなみに、大好きなヒュー・グラントも同じ誕生日。9月9日生まれは、素晴らしいコメディセンスを持ってるね。

ケイト・ベッキンセイルも相変わらず美しい。今回は老けメイクも披露していたけど、ほうれい線が深くなっても、その美しさはまったく衰えず。まさにパーフェクト・ビューティだ。

50回目のファースト・キス」に引き続き、痛い役どころのショーン・アスティン。今回は競泳ビキニ男。でも、最後はニューマンと和解したりして、感動もさせてくれた。ちょっとは扱いよくなったみたいね。

マッチョなアホ上司がデヴィッド・ハッセルホフというのも、80年代「ナイトライダー」を毎週観ていたオレには感慨深い。あれから20年以上たつけど、あんまり変わってないね。ナイト2000、乗ってみたかったなー。

そして、何と言ってもウォーケン御大だ。いかがわしさとコミカルさを同居させられる役者は、彼しかいない。「ヘアスプレー」でも爆発していたが、本作でもその片鱗が垣間見れて、彼のファンとしても大満足だった。

壮麗な近未来世界や、リック・ベイカーの超一流メイキャップ術など、SF的な見せ場もてんこ盛り。期待通りに笑えて泣ける、家族愛再確認ドラマだった。やはり、アダム・サンドラーに外れはないね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/781-3a07d0d8

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。