スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座頭市

中学高校時代、何を隠そうビートたけしのファンだった。毎週木曜はオールナイトニッポンを聞き、寝不足で学校へ行く。テープに録っておいて、あとで何度も聞き返す。TV番組もすべてチェック。エッセイや小説も全部買って読んでた。熱烈な信者だね、こりゃ。かなりかぶれてました。
その後フライデー襲撃事件があり、メディアから離れていた時期に、オレも距離を置くようになった。それでも、つかず離れずでたけしの活躍は気になってました。

あの絶頂期のたけしを好きな人間には、この映画たまらんものがあります。この映画は、そんなたけしの芸人兼映画人としての集大成のような気がする。原点に帰って観客を楽しませようとする姿勢に見える。だから外国の評価が高いのは、とっても不思議。そりゃ面白いし、新鮮な感じもするだろう。でもオレには、あの頃熱狂した人々への特別なプレゼントのような気がするのだ。

実はたけしの映画は、デビュー作しか観ていなかった。あれはあれで強烈だったけど、ラストが嫌いで個人的な評価は高くない。その後、うなぎのぼりの評判でも、観る機会はなかった。今回は、何か直感めいたものがあったね。だから公開初日観た。

ギャグもいいんだが、肝心の人斬りの場面は抜群。CGを使って、斬られて血が出る当たり前を見事に映像化している。スピード感もすごい。この映画には何が大切かを、しっかりわかっている演出だと思う。

でも、タップダンスはどうかしらん。和風ではあるけど、やっぱり違和感あったよ。もちろん、あの頃タップを懸命に練習して披露していたたけしを知っているから、許しちゃうけどね。それもなしに手放しで褒めるのは、ちょっと盲目すぎないかい?

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/77-5cbb231d

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。