スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターダスト

今夏本国では、豪華キャストのファンタジー大作とは思えない散々な成績で、期待していいもんかどうか迷った。しかし、批評家筋の評判はいいらしい。IMDbの☆の数も多めだ。この映画、面白いの?面白くないの?それを確かめるためにも、一応観ておくことにした。全然期待せずに。
中身はいいのに客が入らない原因は、宣伝にあるんじゃないだろうか。大体、この映画の予告編には、「これは観なきゃ!」と思わせるものがなかった。

初めてお目にかかる主役の田舎青年。あんな人の良さそうな顔で、目をキラキラさせて、「君が流れ星かい?」なんて言われたら、その純粋さより頭の弱さを心配したくなる。

そんなノンバリューな主人公に対し、周りは不釣合いなほどにゴージャス。でも、これまた「うわ!観たいわー」って役じゃないのが困ったところだ。お姫さま的なクレア・デインズ。意地悪なミシェル・ファイファー。脇でおいしいとこ持っていくデ・ニーロ。どれも過去に観たよね、なんかの映画で。もういいんじゃない?って思うよ、正直なところ。

CGいっぱいの魔法ランドも、特に目新しいものでもない。それこそ、「ハリポタ」や「LOTR」などの超大作で、お腹一杯になるくらい味わってる。そして、どう見てもそれを超えるものはないみたいだ。これじゃ食指は動かない。

ってなわけで、見事なくらい期待薄な予告編。日本版はオリジナルをちょっとアレンジしただけだから、本国の観客も同じ感想を持ったんじゃないだろうか。これじゃ客が入らなくても仕方ないと思われる。

ここまで予告をこきおろしたのは他でもない。本編、結構面白かったのだ。期待してなかったというのもあるけど、実際映画としての完成度はかなり高い。

主役のトリスタンを演じたチャーリー・コックス。確かに最初は純朴なカントリー息子だ。でもこれが、後半驚くほど変身する。髪型を変えて、お洒落な服に着替えて、剣の使い方も覚えて、短時間でずいぶんと成長したもんだ。どうでもいい女を振って、どうでもいい恋敵を袖にする場面は、もうカッコいいの一言。このギャップ、見事だ。

クレア・デインズもミシェル・ファイファーも、全編出ずっぱりで、見せ場もいっぱい。単なる脇役ではない。

そして、期待してなかったデ・ニーロも、意外な一面を見せられて、怪優の面目躍如だ。「ヘアスプレー」のクリストファー・ウォーケンもすごかったけど、衝撃度ではこちらも負けてない。いやー、今年はもうけ年だわ。あんなマイケルやニックが見られるなんて(笑)。

期待してなかったCGも、そのでしゃばらなさが逆にいい味出してて良かった。それよりも、意地悪魔女と残忍王子の追跡を交わして、流れ星姫と結ばれるストーリーが、こんなに心の隅っこを刺激するものとは、思っても見なかった。こんなおとぎ話、童貞少年しか興奮しないものと思っていた。予告がその面白さを伝えられないのは当然だ。

こんな年になっても、思いのほかワクワクさせられた。これは、観る人の年齢を問わない、ファンタジーの良作だ。観といてよかったわ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/745-38d57a22

スターダスト、試写会

2つ当ったので、家族で誰がどっちに行くか決め、その第1回目。 一ツ橋ホールでの開催。 予告は2本。 フレディ・ハイモアの「スパイダーウィックの謎」 アンジェリーナ・ジョリーの「マイティ・ハート」 最初に映画の内容とは直接関係ないが、 全体の印象を損ねた重要...

【映画】スターダスト…私の近くにも、なんかイイモノ落ちてこないかなぁ

雨{/kaeru_rain/}です。少し凹んだ気分になります。 雨が嫌いな人は鬱病とかの気があると聞いたことがあるので十分に注意していきたいピロEKです(※この話の真偽は??ですよ)。 今日、新しい靴買ったんだけど雨なので下せないのも残念なピロEKです{/face_hekomu/} ...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。