スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッド・シェパード

主演はマット・デイモン、共演はアンジェリーナ・ジョリー。そして監督はデ・ニーロだ。これは観るしかない!・・・なのに、3時間弱という上映時間のせいで、二の足を踏んでしまっていた。これじゃいかんと、朝から覚悟を決めて、モーニングショーで鑑賞。
やっぱ長かった。167分なんとか耐えたけど、落ちないように必死で睡魔と戦う場面がいくつかあった。

決して長い映画が嫌いなわけじゃないのよ。同じデ・ニーロなら、「ディア・ハンター」は183分、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」は205分だった。でも、どっちも死ぬほど好きだし、何度も観た。あれは長いのがいいのだ。長いからこそ、重量級の重みを感じる名作なのだ。

そして、デ・ニーロにはもう1本、かなり長い名作がある。彼が初めてアカデミー賞を獲った「ゴッドファーザーPARTII」だ。デ・ニーロは、あのシリーズを自分で作ろうとしたんじゃないだろうか。この「グッド・シェパード」で。

そう思ったのは、エンドクレジットでコッポラ製作とわかった時。最初は単なる思いつきだったんだけど、色々考えていくと、そうとしか思えなくなってくる。それくらい本作とかの名作との共通点は多い。長さだけじゃなくて。

まずテーマがそっくりだ。組織と家族、二つのファミリーを守るために、必死にもがく主人公。最善を尽くしてるのに、事態は思わぬ方向に進んでいく。信頼していた人に裏切られる。かつての仲間は、次々と失脚する。中には殺される者もいる。そして、いつしか足の引っ張り合いのど真ん中に自分がいる。これって、マイケル・コルレオーネの苦悩と一緒でしょ。

主人公が、「オレがオレが」タイプじゃないのも瓜二つだ。有能ゆえに期待され、周りから引き立てられて、いつのまにか物語の中心になっている。死んだ父を継いだ三男マイケルもそうだった。最後はそれらしい顔つきになってるのも同じだ。

過去と現在を行き来する構成も似ている。そして、あの名作で、父ドン・コルレオーネの時代を見事に演じきったのがデ・ニーロだ。彼がこれを意識してないわけがない。

凄惨な場面が見せ場になってるのも、あの名作の影響と思われる。バカ息子のフィアンセが飛行機から落とされるとこなんか、まさにそんな感じだ。

それなりの尺を取って、これだけ似通った話を作れば、同じくらいエモーショナルな映画ができてもおかしくない。でも、結果は違った。なんでだろうね。

これは、「なんでCIAに裏切られたジェイソン・ボーンが、CIA誕生譚に絡んでるの?」という、観ている側の混乱が原因では、もちろんない。マット・デイモン演じるエドワード・ウィルソンが、あんまり魅力的でないのよ。

ちょっと控えめ、いわゆる参謀タイプな彼の生き方は、全然嫌いじゃない。でも、映画の主役としては、ちょっと流されすぎ。仕事も家族も、自らの手でつかんだわけじゃなく、向こうからやってきたって感じだ。そのせいか、それに対する責任感に欠けてるように見える。女の色仕掛けにも弱いしね(笑)。息子が敵の罠にはまったのも、親譲りの遺伝子によるものと思われます。

人間が弱いのは仕方ない。それを責める気はない。気に障るのは、「ボクも一生懸命やってるんだ!」なんて顔するところだ。脇役ならそれでもいいが、主役がそれじゃあかん。感情移入はできません。

それでも出来に手応えを感じたのか、デ・ニーロは続編製作に意欲満々らしい。次はもっとドロドロな裏切りと殺し合いが繰り広げられるのでしょう。かの名作にならうなら、あの息子は間違いなく殺されるね。しかも、あの親の手によって。そして、さらに苦悩するマット・デイモンのアップで、映画は終わることでしょう。うーん、あんまり期待できないだろうなー。

<おまけ>
「Good Shepherd」と「Godfather」って、発音そっくりじゃない?

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/744-fda0527c

グッド・シェパード

マット・デイモンの女装w

グッド・シェパード

マット・デーモン、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロ。 CIAにまつわるサスペンス。 映画は時系列には進行しない。 時間(年月日)が頻繁に前後するので、 字幕に出る日付をよく確認しておくこと。 *** 物語を読み解くのに知っておくといいのが「...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。