スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄泉がえり

嫁が借りてきたビデオ。嫁は面白かったと言ってた。
でも、オレは期待しなかった。原作者がイヤなのだ。梶尾真治は「OKAGE」を読んだことがあるけど、無理やりSFにしようとして、説明的な台詞が死ぬほど多く、まったく性に合わない作品だった。今回も超常現象を扱ってるし、舞台も同じ九州。こりゃ、いただけません。

予想通り、この映画も同じようなストーリーだった。とにかく冗長。クライマックスの柴咲コウの無用な3曲延々コンサートは言うに及ばず、草ナギ剛と竹内結子が再会するまでの長いこと。何であんな混む所で待ち合わせするんだい?

死んだ友人(竹内の元旦那)の黄泉がえり作戦も無意味だし。もっとテンポよくしなきゃいけないところをダラダラやってる。原作もひどいのだろうが、作り手にも問題がある。こんなの演出力、編集力ともにゼロだ。

出演陣もTVタレントばかりで、映画のスケール感がまったく感じられない。演技力があるのは哀川翔ぐらいなもんだ。映画にする必要まったくなし。

でも映画の素人たちが一生懸命いい映画を作ろうとしている姿勢は読み取れる。単に才能がなかっただけだ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/73-e5f1756b

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。