スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポカリプト

ブレイブハート」も「パッション」も、一筋縄ではいかない主人公を、迷うことない骨太の演出で描ききっていた。観る側も力の入る映画、それがメル・ギブソン作品だ。こういうのはやっぱり劇場で観なくては。モーニング・ショーで観てきた。
今回も、ぐいぐい引き込まれる、ゆるぎない2時間だった。ここまで屋台骨がしっかりしていて、ぶれない映画も最近珍しいのではないか。

シンプルなストーリーのアクション映画だが、まず褒めておきたいのは脚本だ。話のつなぎ方や伏線がとてもうまくて、あまりの違和感のなさに唸らされる。

例えば、生贄寸前のジャガー・パウを救った日食。こんなの突然出てきたら、話がうますぎる。しかし、事前に病の少女に予言させることで、それを和らげるだけでなく、ジャガー・パウに神がかったものまで感じさせている。予言はその後もうまく使われていて、見事というしかない。

残酷だけど冷静なゼロ・ウルフ。ジャガー・パウがうまく逃げただけなら、彼が執拗に追う必要はない。そこで、彼の息子を登場させ、死に物狂いのジャガー・パウに殺させた。冷静なボスが狂ったように追跡するのに、これ以上の理由があるだろうか。

こういうのを、うまい脚本というのだろう。簡単にできそうで、なかなかできない技だ。

脚本の素晴らしさは、魅力的・個性的な登場人物にも現れている。

脇でもっとも光っていたのは、タネなしブランテッド。冒頭からバカにされっぱなしのダメダメキャラだ。ジャガー・パウにコケにされ、嫁の母親から罵倒され、信頼した族長にも騙されて、観ていてちょっとかわいそうになる。

でも、こいつが後半光る働きするんだ。死の行軍で、崖から落ちかけた仲間を、一人踏ん張って助けたのは彼だ。マンハントで矢に撃たれやられたと思いきや、止めを刺されそうなジャガー・パウを助けて、反撃のチャンスを与えたのも彼だ。最後の「逃げろ」の一言にグッときた。だって、あいついじめられてたんだよ。なのにさ・・・いいヤツじゃねーか、グス。

ジャガー・パウの奥さんもすごい。息子の裂傷をアリの口で縫ったり、穴に飛び込んできた狂猿を叩きのめしたり、身重なのに壁を登ろうとしたり(そして落っこちたり)。しまいには水中出産だぜ。最初はダンナにオンブにダッコな嫁に見えたのに、やっぱ女は強いなー。助けに戻ってきたジャガー・パウの驚き、すごくよくわかる。

悪役だって徹底している。ゼロ・ウルフの貫禄もすごかったが、その部下の嫌らしさも半端でない。とにかくクソみたいなヤツ。絶対こいつ殺してほしかったもの。死闘の末にやっつけた時は、本当にすっきりしたもの。

そして、主役のジャガー・パウだ。捕まってしまってからは、なすすべもなくもどかしかった。でも、マンハント開始後、ジグザグに走り出す彼を観て、思わず拳を握ってしまった。自分に刺さった矢じりを折って、ゼロ・ウルフの息子に刺した時は、思わず「よしっ」と小声を発してしまった。

観客をぐいぐい引っ張っていく一方で、滝に飛び込む直前は、観客と一緒に躊躇する。森に入って、反撃を決心してゆっくりと振り返る場面では、一緒になって「ここはオレの森だ!」と、心の中で叫んでしまった。こういう「タメ」のシーンが、主人公への感情移入をしやすくしているのだ。

その後のジャガー・パウの活躍は、まさにカタルシスの一言。蜂の巣作戦、毒ガエルの吹き矢作戦、そしてバクの罠作戦(この伏線も見事!)と、体力+知力の攻撃が矢継ぎ早に繰り出され、決まるたびに思わずガッツポーズしてしまう。

さらには、ジャガーやヘビも敵を倒して、運も味方してくれている。こんなところも、主人公の魅力を際立たせているのだ。

一人の戦士の、多勢に無勢な闘いを描いた作品だが、同様のテーマの「300」にあったケレン味は一切ない。でも、観ていて燃えたのは断然こっちだ。リアルな画に、よく練られた脚本、緩急自在のテンポ、印象的なキャラ。これだけ揃った命がけのアクション映画だ。面白くないわけがない。

メル・ギブソン、またしても評価を上げたな。アカデミー賞の「ブレイブハート」より、数段完成度高いよ、これ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[737]

こんばんは。あなたの文章ですが、読んでいてすっごく引き込まれました。自分もみましたこのアポカリプト。あなたは的確にこのアポカリプトの上質さを捉えて、尚且つ完璧に自分の言葉で表現しています。
すばらしいと思いました。
今日1日の最後にあなたの感性を感じれて、幸せな気分で眠れる事、感謝します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/701-7d7124d5

『アポカリプト』観たー!

走れ!マヤ帝国軍から黒いジャガーから”恐れ”から、走り抜けろ!!ビビリのくせして ”R-15”の映画が続いています。ぎゃあ!今度の映画も凄いです。アドレナリンもドーパミンも、出まくりMAX!予算の大部分

アポカリプト

がんばれ!ロナウジーニョ!(違)奥さんは奥さんで、史上最古の水中出産!!

アポカリプト

アポカリプト全世界を驚愕させたあの『パッション』から3年。ハリウッドの常識を覆し続けるメル・ギブソンが放つ、《衝撃》の超大作!舞台はマヤ文明の栄える中央アメリカの密林地帯。平穏な生活を営む狩猟民族の集落を、マヤ帝国の傭兵部隊が襲撃する。そして拉致連行さ...

アポカリプト

この映画のキャッチ 「マヤ文明、崩壊前夜」 ストーリーはシンプル 少数部族の、自身(アイデンティティ含む)をまもる戦い 時代考証は今判明している(とされている)歴史と違う部分もあり マヤ人と少数部族の関係 判明してな...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。