スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

期待をかなり下回る出来だった前作。もう、期待しすぎて同じ轍は踏むまい。シリーズのレビューにならって、今回も事前予想をすると・・・
・キャプテン・ジャックには、ストレートに熱いところを見せてほしい。キャラを複雑にする必要はない。
・ウィル・ターナーには何も期待しない。何かやってくれるキャラとは、もう思えない。
・エリザベスにも前作は裏切られた。今回はあんなことしないように。
・復活したバルボッサだが、ちゃんと見せ場あるのかな?なければガッカリだが・・・
・初登場のチョウ・ユンファ。アジア人代表として、バシッと活躍してもらいたいもの。
2作目のような、無意味な見せ場がまたてんこ盛りなのかな。だったら金と時間の無駄遣いだ。

これまた予想じゃないな。期待と諦めが入り混じった、複雑な心境だ。どちらかと言えば諦めの方が大きい。2作目の罪は重い。

プロモーションが十分じゃないのも、あまり盛り上がらない要因の一つ。気づいたら本公開が迫ってたというのが実感だ。流通しているチラシだって、ジャックドアップの1枚きりだ。2・3種類作ってもおかしくないのに。これだけ「待ちに待った」感に乏しい大作も珍しい。

蓋を開けてみると、期待以上でも以下でもない出来だった。可もなく不可もなく。ある意味2作目よりはよかったが、1作目にははるかに及ばない。

よかったのは、無意味な見せ場が少なかったこと。首をひねったのはクライマックスのアクション結婚式ぐらいか。あれはやりすぎだ。全然面白いと思わなかった。バルボッサ、そこは乗る必要ないよ。「アホか!お前ら」と一括すべきでしょうよ。

そのバルボッサ、1作目とはまた違ったキャラで、なかなか面白かった。本作で一番活躍したのは彼だ。主人公でもなく敵役でもなく、背負うものがなくなったせいか、もうやりたい放題。彼の復活は大正解だ。

新キャラのチョウ・ユンファ。冒頭は迫力もあって、エリザベスとバルボッサを完全に食っていた。でも、その後の出番は少なく、その最期はあっけない。クライマックスまで持たないんだもの。結局、エリザベスを海賊の王の一人にするためのかませ犬だったのね。ガクン。

悪役もシリーズで一番弱い。ていうか2作目の続きだから、新しいキャラはいない。イカ男に新味はないし、東インド会社の男は小粒だしで、どうにも盛り上がらない。

主役3人については、まとめて言及。あんまり印象ないのよね。記憶にあるのは、何人も出てくるスパロウがシュールだったぐらい。

とまあ、書いていても熱が入らず困ってしまう。これが可もなく不可もなく、なのだ。

ただ、予想外によかった点があるので、最後に褒めておきたい。

一つは、ジャックの父登場だ。話には聞いていたが、鑑賞中は忘れていた。だから出てきた時はうれしくて小躍りした。キース・リチャーズ、カッコいいぜ!貫禄ありすぎで、ジョニー・デップが小者に見えたもの。

もう一つは、本当のエンディング。10年に一度しか会えないなんて、織姫と彦星の10倍辛いじゃない。そんな運命を受け入れた二人が、10年たって再会する。10年前に仕込んで生まれた9歳の息子を連れて。

二人がこんな風になるなんて、1作目のラストからは想像できなかった。せつないと同時に、二人の愛の深さにジーンとした。余韻たっぷりの、シリーズを締めるにふさわしい終幕だった。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/696-68984a28

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド…久しぶりに映画館に行きました

本日({/kaeru_rain/}のち{/kaeru_fine/})は映画を観てきました(家族で{/face_hohoemi/})。観た映画は、タイトルにもあるとおり「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」。劇場映画鑑賞って、この前が確か「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェ

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。