スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルX

ヴィン・ディーゼルは「ピッチブラック」しか観てなかったが、あれは彼の個性を見事に活かした傑作だった。あれ以上の使い方があるんだろうか。大味ハリウッド大作にそれを期待するとリスキーなので、うまくできてりゃめっけもん、ぐらいの気持ちで観た。
やばい橋を渡って、「ザンダーゾーン!」とか叫ぶところをネットで流すカリスマ男という設定はよくわからんかったが、危ない雰囲気がプンプンの出だしはまあまあ。

でもNSAに使われるようになると、いくら自分で考えて行動しているとはいえ、ちょっと物足りなさを感じてしまった。特にクライマックスは、この仕事に生きがいまで感じちゃって、正直がっかり。ヴィン・ディーゼルが正義の味方なんて受け入れられません。半径1キロ以内には近づきたくない悪いヤツがぴったりなんだから。この役は彼にとっては役不足。少なくともオレにはそう見える。

新しいタイプの007をやりたいのはわかるけど、中途半端にマンガチックで、まだまだ007の域には達していない。もっとシリアス&壮絶路線の方が、まだヴィン・ディーゼルのキャラに合ってたように思う。

2は降板したようだが、正解でしょう。アイス・キューブで観たいとも思わないけどね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/66-8c7951a0

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。