ファイナル・デッドコースター

期待以上に面白かった前作から3年。と言っても自分が観たのは去年だけど。今回は、第1作目のジェームズ・ウォンにメガホンを戻してのシリーズ第3弾だ。デヴィッド・エリスで観たかったオレにはちょっと残念。レイトで観てきた。
どうやらジェームズ・ウォン、エリスのことが嫌いだね。今回の話は1作目の続きであり、2作目については完全無視なんだもの。2作目があまりに評判よかったから、「他人のふんどしで相撲とりやがって、ふん!」って心境なのかな。

そんな対抗意識丸出しの本作、実のところ、あんまり出来はよくない。順番をつけるなら、2作目→1作目→3作目だ。なぜか。

結局のところ、これが第3弾でも第5弾でも第10弾でもいいような内容なのよ。シリーズとしての進化がなくて、登場人物がどうやって死ぬかだけが見せ場になっちゃってる。まるで「13日の金曜日」みたい。1作目を超えようと必死だった2作目と比べると、この向上心のなさは何?

それでも、死に様に工夫が凝らされていればまだいいんだけど、これがまた今ひとつだから困ってしまう。観客は2作目を観てるのよ。あの伏線張りまくりの妙味を味わってしまっているのよ。「それかよ!」ってアレね。本作は、あのレベルの足元にも及んでいない。死に方が面白ければいいってわけじゃないのよ。脚本の段階で、すでに勝負はついてたみたいだ。

シリーズ恒例の冒頭の事故も、さほど怖いと思わなかった。これは編集のせいかもしれない。何がどうなってるか全然わからんうちに、みんな死んじゃったんだもの。もう1回、前作を観直してみたくなったよ。すごかったからね、あのハイウェイクラッシュは。

悪いことばっかり書いちゃかわいそうだから、よかったところも。最初の犠牲者となる2人組のバカねえちゃん。あれはいいね。文句なくいい(笑)。日焼けマシンが棺に切り替わるショットもウケたし。

あとは・・・あ、もうないや。順番飛ばすと助かるなんて新ルールも変だし、ラストにまた予知して…なんてのもありきたり。やっぱりエリス監督にやらせるべきだったんじゃないの? ジェームズ・ウォン、才能ないとは言わないけど、天才の前には凡才に見えます。

…と、ジェームズ・ウォンに見切りをつけようと思ったけど、エンドクレジットでちょっと見直した。ちゃんとエリス監督に特別な感謝をしてるじゃん。まあ、そりゃそうだね。2作目があれだけ高評価じゃなかったら、3作目だってどうなったかわからないんだから。

んで、もし4を作るんなら、ぜひエリス監督で!よろしく!

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/657-77fd08ab

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】