スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果しなき欲望

今村昌平監督の初期の作品。ビデオ借りてきた。
目当てのものを盗み出すために、別の地点から穴を掘る。同じテーマの「マダムと泥棒」や、そのリメイク「レディ・キラーズ」を思い出した。欲におぼれて仲間割れが起こって、ひとりまたひとりと死んでいくところも似ている。

「マダムと泥棒」の日本公開が57年12月で、本作の公開はその翌年11月だから、もしかしたら監督は、製作中に英国発のブラックな犯罪喜劇を観ていたかもしれない。もしかしたら、何らかの影響を受けているのかもしれない。

日本人だからなのか、オレはこっちの方が面白かった。今から半世紀も前の映画だから、画そのものは時代を感じる。でも、内容はエネルギッシュで全然古臭さを感じさせず、100分間圧倒されっぱなしだった。

ちゃんと協力していればうまくいったかもしれない計画だけど、あの5人だったら絶対無理だ。足を引っ張ったり出し抜いたり裏切ったりして、どんどん数が減っていく。共感できるキャラはいないけど、5人の欲望丸出しっぷりが面白くて、ぐいぐい引き込まれた。どんどん自滅していく連中を笑い飛ばす、ブラックでパワフルな今村節、最高です。

今村映画を観るたびに、未見作品がまだたくさん残っていることを反省する。新作も大事だけど、名作も大事。もっと観る機会を増やさなければ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/620-4ebf4eb4

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。