スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ビッグ・ファット・ウェディング

アメリカでの口コミ大ヒットに興味をそそられたが、日本での何が何でも売らんかなの「ビッグ・ファット」な宣伝には辟易。そんな超大作じゃなかろうに。アカデミー賞の脚本賞にノミネートされるような、愛すべき小品だよ。でもそういう作品には、やっぱり期待しちゃいます。
主人公の女性がもう中年で、見た目的にもどうかなと思ったけど、話が進むにつれ変身していって、それなりに見られる感じになるから不思議だ。でも一目ぼれする男の気持ちに共感するまでは至らず。まったく他人事のお話として観てしまった。

でも彼女の家族の騒がしさや個性には笑わされた。しかも温かい笑いだ。ああいうお祭り騒ぎが好きな人はギリシャ人向きね。自分はそうじゃないので、面白いなーと思いつつ、これまたちょっと他人事。

いろんなエピソードを重ねていって、まったく飽きさせずにハッピーエンドまで持っていく脚本と演出は、なかなか大したもんだ。でも、やはりちょっと他人事のように受け取ってしまったので、期待したほどの満足感はない。ステキな映画だとは思います。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/62-4b59a25c

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。