スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒の試走車(テストカー)

増村保造監督の企業スパイものの名作。前から観たいと思っていたので、ビデオ借りてきた。
もう30年以上前の映画だが、スパイたちの探りあいがドロドロしていて、かなりスリリング。ITのIの字もない、アナログな諜報戦だけど、その分リアリティが感じられて面白かった。

自分の女の体さえも使って、ライバル社の新車販売価格を探り出そうとする朝比奈。田宮二郎演じるこの男は、まさに野心あふれる非情なスパイに見える。しかし、やりすぎて人の道を踏み外してしまった、仕事第一のサラリーマンは、世の中にゴマンといる。彼はその一人ということもできるだろう。さすがに、女に寝技使わせる件は、冷ややかに観てしまったけど。あれ以外は、男として理解できないこともない。最後は反省して足洗ってたね。

この映画の真の主役とも言えるのが、高松英郎演じる小野田だ。本作は彼の代表作だろう。エネルギッシュでアブラギッシュ。何の躊躇もなく他人を騙して、スパイ道をまっしぐらだ。

船越英二演じる平木を死に追いやっても、まったく良心が咎めたりはしない。それどころか、自分は会社のために正しいことをしていると信じきっている。まあ、ライバルのスパイはもっとひどいことやってるから、ちょっとは同情するけれども。でも、これ007じゃないもんね。

こんなスパイ戦争はフィクションの世界だとは思うけど、もしかして本当にあるのかな。温厚なオレにはとても無理です。あっさり騙されて、会社に損害与えそう(笑)。

このあとシリーズ化されて、なんと10本もの続編が作られているようだ。面白かったから、何本か観てみようかな。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/614-6bfa5e13

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。