スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ブライド 花嫁はギャングスター II

先週観た前作が結構面白かった。ウンジンの勇姿をもう一度観たくて、続編のDVDを借りてきた。
ヒット作の続編なら、スケールはアップしても、話の筋まではあんまり大きくいじったりしないもの。その方が安全確実に稼げるから。

だから、また女組長ギャグが連発されるのだろうと思っていたら、完全にはずれて面食らった。だって、冒頭からウンジン記憶喪失で、中華店の出前持ちしてるんだもん。

それでも、すぐに記憶は回復して、元の路線に戻るんだろうと高をくくっていた。これはただの導入部だ、と。これまたまったく違ったね。記憶は確かに甦るものの、映画開始からなんと80分も経ってから! あれ?この映画105分じゃなかったっけ。あと20分ぐらいしかないじゃん!(笑)

時々、断片的に記憶がフラッシュバックしたりはするものの、組長じゃなくあくまで店員なので、激しい見せ場はクライマックスまでお預け。そのせいで、前作の路線を期待する向きには、物足りなく感じるかもしれない。

でも、オレはそんなことなかった。なぜなら、この仰天の設定変更、意外にもかなり面白かったから。

体が勝手に動いて銀行強盗を退治したり、自分を探す旅に出て何も得られず帰ってきたり、なぜか商店街の会長にさせられたり、キャラを活かした笑いが、今回もたくさん用意されている。さらには、マジンガーやセリ、そして憎き白鮫と、前作の登場人物も顔を出して、新しい設定に深みを与え盛り上げている。ラストはチャン・ツイイーまで引っ張り出して、作り手たちのサービス精神には今回も脱帽だ。

前作では姉を失い、今回はお世話になった店長が命を落とす。しかし、代わりに右腕となる妹分もできた。人と関わり成長していくウンジン。始終機嫌の悪そうな彼女だが、嫌いになれるはずがない。こんなに個性的で愛すべきキャラには、滅多にお目にかかれない。ぜひまた続きを観たいものだ。またまた全然違う設定でね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/611-9cb14dec

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。