スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界でいちばん不運で幸せな私

ちょっと変わった邦題にひかれて、DVD借りてきた。
かなり速いテンポで、さまざまなエピソードがつづられていくタッチは、どこか「アメリ」風。あの映画大好きだし、似たような映画なら、ぐっとのめり込んでしまってもおかしくない。でも、この映画はそこまで行かなかった。

だって、主役の二人をどうしても好きになれないんだもの。こいつらのやってることは、ただのいたずらの域を超えて、もう悪趣味としか思えない。他人の気に障ることばかりやらかして、生の感触と互いの存在を確かめている。これは立派な病気でしょう。カウンセリングを薦めるよ。

でも、嫌いになりきれないのもまた事実。自分にもどこか衝動的に破壊したくなる気持ちはあるし、自虐的になる瞬間もあったりする。彼らのやってることが100%わからないわけじゃないんだな。普通の人間なら躊躇して実際にはできないことを、純粋な欲望から実現してしまう二人を、少なからず羨ましいとも思う。こんな人生を送った二人は、間違いなく幸せだろう。

こういう映画にハマリきれない自分って、すっごく常識に縛られてるのかな。普通のつまんない人間なんだな、オレって。でも、結婚式を邪魔したり、自分の家庭も相手の家庭も破壊したり、さらには自分の肉体まで犠牲にしたり、あそこまでとんでもない真似は、やっぱりできないでしょ。

映画だから許される話なのかもしれない。でも現実ならは最悪の物語。ある意味、究極のファンタジーだ。好き嫌いがかなり分かれる映画だろう。その存在価値は認めたい。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/603-3f0fd8af

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。