ユナイテッド93

つい先日、イギリスでテロ未遂事件があって、期せずしてタイムリーな映画になってしまった。地元じゃかからないので、札幌ユナイテッドシネマにて鑑賞。
あの事件の日、仕事から帰宅したのがちょうど夜の10時頃。TVをつけると、異様な光景が中継されていた。とっさには何が映ってるのかさえわからなかったけど、もうチャンネルを変えることはできなかった。

そうしているうちに、2機目が突っ込んだ。あの時の衝撃は一生忘れられない。不謹慎かもしれないが、その時思ったのは、「この現実を超える映画を作ることはできないだろう」ということだった。

その後、ペンタゴンにも飛行機が堕ちた。そして、もう1機墜落した飛行機があったことが報じられた。でも、世界貿易センタービルが崩落した映像の前に、4機目の飛行機は記憶の片隅に追いやられてしまった。

それがユナイテッド93便だった。

この映画は、わずかばかりの通信記録を元に、船員の最期を想像して描いた「パーフェクト ストーム」に作り方が似ている。本作で実話なのは、93便の空路と、乗客たちが愛する人にかけた携帯電話の声だけだ。そこから、標的と想定されるホワイトハウスにまで到達せず、途中で墜落した93便の機内で起こったであろうドラマが、想像で再現されている。

彼らの最期がどうだったかは、神のみぞ知るところだ。でも、この映画で描かれている通り、きっと勇敢な行動を取ったのだろう。命の危険も顧みず、凶悪なテロリストに立ち向かい、あと一歩のところまで行ったのだろう。本当にあと一歩だった。結末はわかっていても、あのラストは辛かった。迫りくる地面に、一緒に叩きつけられた思いだった。

残るのは無念と怒り。そして、乗客たちに対する畏敬の念だ。彼らの死はとても痛ましいけど、そのおかげで狂信的テロリストの野望は打ち砕かれた。乗客ひとりひとりの冥福を祈らずにはいられない。

この映画には、もう一つすごいところがある。大混乱に陥った9/11の空を制御するために東奔西走した人々が、大挙出演して、自分の役を演じていることだ。エンドクレジットの "himself" の多さに圧倒された。その修羅場を実際に体験した者だけが再現できる臨場感があった。

監督は「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラス。宣伝で「名匠」扱いされてるのに違和感を感じるが、この映画に関しては、その力量に唸らされた。この物語を、ドキュメンタリータッチでありながら、ここまでパワフルに描ききった才能に感嘆した。きっと熱い思いに突き動かされ、何かに取りつかれたように撮影を進めたんだろう。名匠かどうかはどうでもいい。こんなに魂を揺さぶられる作品を作ってくれたことに、純粋に感謝したい。本当にありがとう。

単純かもしれないが、テロリストは許しがたいと思った。どんな思想であれ、こんな暴挙が許されるなんてない。神がいるなら、お前らに絶対味方なんかしない。地獄があるなら、永遠にその業火に焼かれていろ。この怒りに限界はない。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/592-e3b863f7

ユナイテッド93

2001年9月11日――4機の旅客機がハイジャックされ、3機はターゲットに到達し自爆テロを遂行。これは、その4機目の物語である。

ユナイッテド 93

全員「死」に向かって、手に汗握る緊迫感。観終わって、やりきれなさが漂う。監督 ポール・グリーングラス 「ユナイテッド 93」あの9月11日、ハイジャックされた4機の内、唯一、目標(ホワイト・ハウス)に到達できなかったユナイテド93の悲劇。93コクピット...

ユナイテッド93

オススメ度 ★★★★☆観てから少し時間が経ってしまいました。映画なんだけど、他の映画とはなんだか、違うような、でもドキュメントでは決してなく、なるべく、出来るだけ、嘘がなく、大袈裟がなく、出来る限りリアリティを追求した映画。だからただ単におもしろかったと

ユナイテッドシネマ

ユナイテッドシネマに関連する情報サイト

映画「ユナイテッド93」

原題:United 93あの日、帰宅してテレビを観たとき、まるで映画のワンシーンのよう、まるで映画のセットのよう、まるでスローモーションのよう、とても現実だとは・・ 2001年9月11日、この日4機の旅客機がハイジャックされた。最初に乗客92名を道連れにアメリカン11

ユナイテッド93

8.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)これは・・・久々にかなりキマシタ。映画として魅せようとか、何か問題提議をするとか、作り手のメッセージを伝えるとか、そーゆー事は一切なしです。ただただ、状況をリアルに描写してまるで記録映像のよー

ユナイテッド93

2001年9月11日。 アメリカで起こった同時多発テロ。 世界を震撼させ、アメリカをテロの脅威に晒したこの事件は、終わりのない「テロとの戦い」の引き金となった。 その日、4機の旅客機がテロリストによって占拠された。 内2機はニューヨークにあるアメリ....

『ユナイテッド93』

なんとなくずっと観れずにいた『ユナイテッド93』をやっと鑑賞しました。9・11テロを題材にしたものとして比較するなら、個人的には『ワールド・トレード・センター』よりこちらの作品の方が好みかも。 2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほ...

ユナイテッド93

2001年9月11日―― 4機の旅客機がハイジャックされた。 3機はターゲットに到達。 これは、その4機目の物語である。

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】