スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨコハマメリー

「寝ずの番」に続き、札幌・蠍座で鑑賞。
横浜では有名な人なんだろうけど、道産子のオレには初耳な名前。ポスターを見る限り、もう完全におばあちゃんよね。昔は高級娼婦だったらしいけど、まさかあの年で現役じゃないでしょ?じゃあ、なんで有名なんだろう。映画になるほどの何かがあるんだろうか?

正直なところ、あの白塗りの風体は異様。ちょっと気味が悪かった。映画の中でも、写真やビデオでしか登場せず、タイトルロールにはなっているものの、どこか雲をつかむような感じが全編漂っている。

代わりに描かれるのは、彼女の生活を支援するゲイのシャンソン歌手、永登元次郎さんだったり、彼女が現役だった頃の街の様子だったり。メリーさんは、たくさんのエピソードをつなぐキーワードのようなもの。そこにいたことは確かに感じられるものの、捕まえようとすればスルリとすり抜けていってしまう。

それでも、横浜風俗史を興味深く観ることができて、1時間半飽きることはなかった。元次郎さんの生き様も、なかなか強烈だったし。

だけど、決して涙流して感動するほどじゃない。なのに、オレの隣りの女性は、途中から鼻をすすりだした。え?そんなに感動するかい? メリーさんや元次郎さんに、何か特別な思い入れでも? それとも、オレが不感症なのか?

隣りのリアクションにとまどいながらも、迎えたラスト。不感症のオレでも、さすがに最後は圧倒された。まさか本人が出てくるとはね。養護施設で静かに暮らすメリーさんは、かつての白塗り&ドレスじゃなくて、ちょっとこぎれいなおばあちゃんといった感じ。でも、周りの同世代の人たちと比べても、その存在感は格別だった。何もしなくても、オーラが漂っている。

元次郎さんとの再会には、胸に迫るものがあった。こんな奇跡をフィルムに収めたことで、このドキュメンタリーは成功を確実なものにした。うん、観る価値はあったね。メリーさん、今も元気でいてほしいな。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[593] おお~懐かしい!

メリーさん、超有名人でしたよ。
私も本人を何度か横浜&鎌倉でお見かけしました。
(ちなみに私は湘南出身ですので)
まだ、生存されていたんですね!
なんか、それだけでも感動ですw

[594] >Weanaさん

へー、本人に会ったことがあるんですね。すごいですね。
ラストはもう鳥肌ものでした。ぜひ観てほしいですね。これはDVD待ちかな?(イギリスでも売ってるの?日本のDVD)

[595] 思い出した

ちょうど今、思い出したんですが小学生の時に鎌倉の駅前で超ど派手な中老年のオカマを見かけたことも何度かあった・・・かならずボルサリーノをかぶって、大きなサングラスをしているんですよ。で、男の人と2人連れなんですが、もう歩き方からゲイだった・・・
母曰く「あの人有名なオカマなのよ」
あの人が永登元次郎さんだったんじゃないかな?

[596] >Weanaさん

元次郎さんも昔から有名人だったんですね。
彼は2年前に亡くなったそうです。映画で初めて出会ったのに、もう死んでいたなんて・・・寂しいですね。シャノアールで彼の歌声を1回聴いてみたかったです。

[617] お知らせ

大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
今回は、
ヨコハマメリーをとりあげました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

[618] >kemukemuさん

ようこそです。
メリーさん、亡くなってたんですね。今頃知りました。残念です。ご冥福をお祈りします。

[671] 施設

TBありがとう。
あの施設で、メリーさんの素顔をとるだけの関係をつくるために、監督は、その施設で介護の仕事をしたらしいですね。

[672] >kimion20002000さん

コメントありがとうございます。
って、かなりたってますが・・・(すみません。最近更新再開したもんで)
確か、若い監督さんだったと思うんですが、やっぱりそれくらい努力しないと、人の心は開きませんよね。
人生、ギブ&ギブ&ギブ・・・(まれにテイク)だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/591-0585ad94

映画「ヨコハマメリー」

かつて、青江三奈が唄ったあの歌・・、♪あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜を 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯りがともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビドゥビドゥバー 灯がともる♪ ドキュメンタリーな"ハマのメリー"

ヨコハマメリー

ほとんど"半"都市伝説みたいな。その秘密のベールをだんだんと解いていくようなドキュメンタリー。ヨコハマメリーposted with amazlet on 07.04.05レントラックジャパン (2007/02/14)売り上げランキング: 5096おすすめ

mini review 07068「ヨコハマメリー」★★★★★★★★☆☆

カテゴリドキュメンタリー 製作年2005年 製作国日本 時間92分 公開日2006-04-15~ 監督中村高寛 ストーリー純白のドレスと白い化粧。横浜の街角に立つ老婆「ハマのメリーさん」は、終戦直後から50年近く、背骨が曲がっても娼婦として生きてきた、横浜伝説の女性だった。 続

ヨコハマメリー

2005年 日本 2006年4月公開 評価:★★★★ 監督:中村高寛 企画・制作

映画と同じロケーション その1

*映画「ヨコハマメリー」と同じ場所の写真その1 (左=画質が粗いもの=映画「ヨコハマメリー」より  右=私が撮ったもの)

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。