隠された記憶

「かもめ食堂」に続き、シアターキノで連続鑑賞。いつもレイトかモーニングショーばかりなのに、久々に正規料金1800円払った。
そこまでして観ようと思ったのは、キャッチコピーがものすごく気になったから。「衝撃のラストカット その真実の瞬間を見逃してはいけない」。よっしゃ、その衝撃受けてやろうじゃないの!

・・・え?何? オレ、見逃した?(ポカーン)

正規料金の元を取るどころか、全然理解できなくて、これじゃまったく時間の無駄。参った。

気合入ってた割には、途中何度かうつらうつらしてしまって、数秒飛ばしてしまった場面はある。でも、ストーリーを追えないほどじゃなかった。なのに、あれだけ煽られたラストカットに映っていたものに、これっぽっちも気づかなかった。

残された謎はそれだけではない。大体、誰がビデオを送りつけていたの? 何でマジッドはいきなり自殺したの?(←ここ、超ショックで完全に目が覚めた)

頭ん中?だらけなので、その後いくつかのブログを覗いて答えを探した。でも途中で疲れてやめた。「これだ!」っての、ないんだもの。大体、監督自身が「どんな風に解釈されても構わない」みたいなこと言ってるし。かなり幅広の行間を、観客それぞれが独自の想像力で埋めればいいらしい。そこに正解も誤解もない。

いろいろ考えれば、「息子のピエロが犯人だ」とか、「すべてジョルジュの妄想だ」などと、もっともらしく説明できるのかもしれない。でもやーんぴ(笑)。面倒くさいもん。確かに想像力は必要だけど、それで一つの答えに確信を持てるぐらいに、ちゃんとした柵は設けておいてほしかった。

答えのない謎はひとまず置いておく。他人にあんな風に隠し撮りされたら、イヤだろうね。立派なストーカー行為だけど、あれくらいじゃ日本の警察は動いてくれなさそうだし。ああいう目にはあいたくないな。今思うのはこれくらいだ。うーん、やっぱり元は取れてないな。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/588-e9882bf0

隠された記憶/CACHE /HIDDEN

えっ、そうきたか~~、、、。予備知識なく観ることをお勧めしたい作品だけど、あえて先に言いたいのはラストシーンはしっかり見て!ということ。また、ラストで深読みしすぎると逆にかえって気が付きにくい場合も、、、。エンドロールが意外なところで流れてきて、衝撃的な

隠された記憶

ミヒャエル・ハネケ監督、脚本、2005年カンヌで監督賞、国際批評家賞、人道賞受賞。サスペンス調の人間ドラマ。渋谷ユーロスペースで上映中。テレビ局の人気キャスタージョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)と出版社勤務の妻アン(ジュリエット・ビノシュ)は息子ピエロ

「隠された記憶」

4月29日から渋谷のユーロスペースで公開される「隠された記憶」のマスコミ試写。05年カンヌ映画祭で最優秀監督賞を含め3部門を受賞した、ミヒャエル・ハネケ監督の最新作。舞台はフランス。人気キャスターのジョルジュをダニエル・オートゥイユ、ジョルジュの妻アンをジュ

映画「隠された記憶」

監督 ミヒャエル・ハネケ 出演 ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ  とても不気味なシーンがある。ダニエル・オートゥイユとジュリエット・ビノシュが食事をするシーンである。壁面を本が覆っている。周り中、本だらけである。本のタイトルまではわからな

映画「隠された記憶」について(再び)

「隠された記憶」については、7月11日、http://blog.goo.ne.jp/shokeimoji2005/e/6c751bf496d3a2b91140594730e800c2で書いた。いろいろなブログを見ていて気がついたことがあるので、少し書き加えておきたい。たとえば、http://eigajigoku.at.webry.info/200605/article_3.h

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】