パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

前作が期待以上の面白さだったから、この続編にはかなり期待してしまう。前作のレビューにならって、今回も事前予想をすると・・・
・キャプテン・ジャック・スパロウは観ているだけで楽しい。クネクネした動きも、ヘラヘラした態度の裏に隠された熱い男の表情も、また観られると思うと、うれしくて仕方ない。
・オーランド・ブルームは、主役よりも脇で光るタイプだ。ジャックと組んで、また大活躍してほしい。
・前作でブレイクしたキーラ・ナイトレイ。この3年でもっとも変わったのは彼女だ。その成長ぶりをひっさげて、この出世作ではじけてくれ!
・今回の悪役は、タコ船長のデイヴィ・ジョーンズ。骸骨船長に優るとも劣らない強烈キャラだ。これは面白そう。

と、予想というより期待になってしまったが、それくらい今回の鑑賞に当たって不安はまったくない。全米でも空前の大ヒットだというし、大船に乗ったつもりで劇場にGOだ。

・・・あれ?なんか思ったよりも面白くないな。期待を裏切って、ジャック・スパロウ、今回はかなりイマイチじゃないか?

前作は、前半と後半のギャップに感服したけど、今回はその辺すっかりわかってる。普段はおちゃらけてるけど、ジャックは本当はホットな男なのだ。そこがなぜか今回は、ちゃんと描けていない。よかったのは最後の最後、クラーケンの大口に自分から飛び込むとこだけだ。

ウィルをだましてデイヴィ・ジョーンズに渡しちゃうわ、カギほしさにウィル&ノリントンと、真剣なんだかふざけてんだかわからんチャンバラ延々と続けるわ、全然カッコよくないし応援できない。

一度逃げ出したブラックパールに戻ってくるクライマックスも、なんかとってつけたみたいだし。エリザベスに強制的に船に残される展開もイマイチだ。どうせ犠牲になるなら、自ら残った方がカッコいいのに。

大体どうしてエリザベスはあんなことしたの? スパロウファンにしてみれば、エリザベス株急降下である。あとから後悔してみせたって、もう遅いわい。ウィルも、ジャックとは溝ができちゃった感じだし、前作で感動した3人の一体感が、本作ではまったく感じられない。これってかなり致命的だ。

・・・とすっかり冷めきって劇場をあとにするところだった。最後に驚かせてくれたねー、ジェフリー・ラッシュ。敵だったバルボッサが、次回はどんな活躍をしてくれるのか? 急激にパート3への期待が高まってしまった。2の不満は3で解消してくれるはずだ。そう願いたい。そうしてくれ!

ジョニー・デップ、3では早々に復活するんだろうな。ジャックのいないPOTCなんて考えられないもの。どんな手を使ってでも生き返らせてください。んで、3人+バルボッサで熱い熱い冒険譚を見せてほしい。それまで、この第2弾の最終的な評価は保留しておく。

<おまけ>
予告編と本編で同じシーンなのにアングルが違ってて、しっくりこなかった場面が2つ。ジャックが穴に落ちるところと、剣を握り締めてクラーケンに挑みかかるところ。どっちも予告編の方がいいぞ。予告編製作者の腕がよかったのでしょう。本編もあれくらいよかったら…。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/585-40974f6e

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

観てきました~!!!!ジョニー・デップ主演 『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』一言言わせて! 「一年なんて待てない!!!!!!!!!」以上。笑●あらすじ●ウィル(オーランド)とエリザベス(キーラ)の結婚式当日。ウィルが絞首刑だとエリ

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】