スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オデッサ・ファイル

フォーサイスの原作はずいぶん前に読んでいた。でも忘れちゃった。あれ?「ブラジルから来た少年」だったかな?かなりいい加減な記憶である。フォーサイスは好きな作家なので呼んだと思うんだが・・・。スパイになる訓練シーンをなんとなく覚えてるから、読んだはずだ。多分。
ナチの残党が政界経済界の中枢に隠れて今も暗躍しているという、身の毛もよだつお話。しかも事実らしい。ナチスに迫害された人々は、はらわた煮えくり返る想いだろう。主人公のペーターは、親父さんを殺したらしいロシュマンを見っけて、積年の恨みを晴らすチャンスと考えた。それは命を賭けても逃してはならないものなんだろう。ユダヤ人じゃなくても、その気持ちはわかる。

命賭けての追跡だから、観てる方はハラハラドキドキである。派手な場面は少ないけど、とても手堅く作ったポリティカル・スリラーだと思う。マクシミリアン・シェルの憎たらしさは天下一品だ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/58-5c3ac5c8

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。