スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を飛ぶ夢

2004年のアカデミー外国語映画賞を受賞した作品。「ミリオンダラー・ベイビー」の感想を読むと、この映画の名前がよく出てきたので、尊厳死がテーマだということは知っていた。DVD借りてきた。
若い頃に体の自由が利かなくなり、以来寝たきりの主人公ラモン。でも頭の回転は人一倍速く、プライドも高い。こういう人だからこそ、自分の行く末に我慢ならず、尊厳死を選ぼうとしたのだろう。

・・・なんて、五体満足のオレがわかったようなこと書いてもいいものかどうか、ちょっと迷う。なぜならこの映画自体が、わかったようなこと言うのを、極力避けているからだ。

フリアの登場で、ラモンも生きる意味を見出したかに見えた。そこから「やっぱり生きるって素晴らしいことなんだ」なんて、説教くさい展開になるのかなと、安易に想像した。

しかし、ラモンは最後まで死にこだわり、尊厳死が合法的に認められるよう、法改正の裁判を起こす。判決は却下でも考えを変えずに、ロサの手助けを借りて、結局を死を選ぶ。その行動力には舌を巻いた。

彼の長年にわたる苦労と苦悩を、簡単に「理解できる」なんて言えないオレには、彼の選択について賛否を表すなんて、もっとできやしない。

ただ一つ言えるのは、今まで一度も死にたいと考えたことのない自分は、それだけで相当に幸せな人間だということ。もちろん、ラモンを不幸な男と決めつけるつもりは毛頭ない。彼の頭脳明晰ぶりは、あの状態になったからこその産物かもしれないし。でも、だからと言って、彼だって「寝たきりになってよかった」とは言わないだろう。普通に生活できるのが、どれだけ素晴らしいことか、改めて認識させられた。

もし自分がラモンと同じような体になったら、死にたいと思うだろうか。それは、それまでの人生がどれだけ充実していたかよるだろう。いつ死んでも悔いのないよう、今を精一杯生きることが大切。一日一日、無駄にはできないんだね。オレが考えられるのは、それくらいだ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/579-66365413

海を飛ぶ夢【2004・スペイン】

ポニーキャニオン 海を飛ぶ夢 ★★★★☆MAR ADENTRO? THE SEA INSIDE(125分)?監督:? アレハンドロ・アメナーバル?? 製作総指揮:? アレハンドロ・アメナーバル、フェルナンド・ボバイラ?? 脚本:? アレハンドロ・アメナーバル、マテオ・ヒル??

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。