スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイ・ストーリー2

先週観た「カーズ」が思いのほか面白かったのに気をよくして、DVD借りてきた。
第1作はCGアニメの滑らかでダイナミックな動きに驚かされ、ピクサーの実力を思い知らされた。でも続編ともなれば、それは織り込み済み。目の肥えた観客を満足させるには、中身で勝負しなければならない。

さこはさすがピクサー。ものの見事に期待に応えるパート2を作りあげてくれた。その完成度の高さは、前作がただのキャラ紹介編に思えてくるほどだ。

本作が描くのは、子供とおもちゃの切ない関係だ。おもちゃはいつまでも子供と遊び続けていたいのに、子供は成長を重ね、いつしかおもちゃから離れていく。昔はいつも一緒にいて、楽しい日々を過ごしていたのに、そのうち存在さえ忘れられてしまう。

これって、まるで終わってしまった恋愛を見ているみたいだ。去っていった恋人をいつまでも忘れられなくて、未練たらたらの元カレ(元カノ)のよう。おもちゃを見ているのに、人間の話に思えてくる。ジェシーが歌う"When she loved me"が胸に迫ってきて、ジーンとした。あれはいい歌だなー。

プロスペクターに説得されて、一度は博物館入りに傾くウッディ。でも、やっぱりおもちゃは子供たちに愛されてこそ。ジェシーを連れて、家に帰ることを決める。クライマックスのジェシー救出は、本当にハラハラドキドキした。「これが最終回の続きだ!」ってとこ、なぜか涙が出てきたよ。感動までさせられて、大満足です。最高です。

笑いのパートもまったく手を抜かず、緩急自在の92分。あらためてピクサーの実力を思い知らされた。またまたラセター監督に感謝だ。アンタはエライ!

<おまけ>
DVD特典に入っていた恒例の短編アニメ。今回は、ピクサーのロゴの"Hoping Lamp"の元になった、"Luxo.Jr"。これがピクサーの最初の作品らしい。たった2分だけど、彼らの原点を見せてもらって大満足。20年も前にもうこんなすごいものを作ってたんだね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/577-b803a9c7

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。