IZO

豪華キャストが集結した、三池監督のアクション大作。内容はよく知らなかったが、人斬り以蔵が時代を超えて、現代に甦る話らしい。面白そうなのでDVD借りてきた。
現代と昔を行ったり来たりしながら、目の前の人間をバッタバッタと斬りまくる以蔵。斬られる連中がすごい。石橋蓮司、内田裕也、勝野洋&ミッチー、原田龍二、ミッキー・カーチス、長門裕之、大橋吾郎&山本太郎、樹木希林、魔裟斗、力也、松方弘樹、ボブ・サップ、片岡鶴太郎、篠田三郎、岡田眞澄、ビートたけし、美木良介、他(死亡順)。これが今の三池の人望を表しているのか。誰もがチョイ役。でもインパクトは強い。

しかし、何が何だかわからなかったのも事実。後半、以蔵に絡んで七変化を見せる桃井かおりに??? 叩きつけるようにギターを弾いてシャウトする友川かずきに??? そもそも以蔵って何者? 何で斬られても死なず、斬って斬って斬り続けてるの? つまりは何を言いたいの?

まあ、わからなかったからと言って、全否定するつもりは毛頭ない。2時間超の間、頭の中は???だらけだったけど、全然眠くならなかった。土石流のような勢いに飲み込まれて、上も下もわからなくなって、気づくと全身泥に埋まって、頭だけ外に出してる状態。かろうじて生き残った気分だ。すごいけどよくわからない。よくわからないけどすごい。

でもこんな気分は1回で十分かな。本当に疲れるんだもの。疑問は疑問のままでもいいや。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[588] こんにちは!

たくさんTBさせて頂きました!
この映画はねぇ、なんか、、、
よくわからなくてごめんなさい!
という感じを受けました。
ホント、変な、すごい映画でした。
またよろしくお願いしますね。

[590] >猫姫さん

たくさんTBどうもです。たくさんTB返ししましたよ♪
オレもわからんかったっす。でも別にいっかって思える映画です。勢いはありましたよね。
こちらこそこれからもよろしくどす~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/572-83d01df7

IZO 06年106本目

IZO2004年 三池崇史 監督 今このHP行ったら、カウント123491だった、、、123456、惜しい、、、中山一也 、この人、知りません、、、なんかすごい人みたい、、、あとは、、、桃井かおり 、松田龍平 、美木良介 、高野八誠 、ビートたけし 、...

109.IZO

“人斬り以蔵”と呼ばれ、磔刑にされた以蔵は、憎しみが怨念となって現代のホームレスに乗り移り蘇る。時代時代を飛び回り、出会うもの全て、特に権威あるもの全てをその刀の餌食にする。だが満たされない。そのため何度も蘇る。不完全なる矛盾として。怨念とは諸悪の根源..

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】