スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着信アリ Final

この第3弾を観るために、前作も前々作もDVDで観ておいた。予習はバッチリだ。堀北真希目当てで、映画の日、「DEATH NOTE」「カーズ」に続けて、レイトで鑑賞した。
前作で台湾に寄り道したものの、秋元氏の予告どおり、舞台は韓国になった。殺されるのは修学旅行中の高校生たち(&先生1名)。

うーん、あんまり韓国という設定は活かされていない気がする。別に外国だったらどこでもよかったような。ネットカフェが氾濫している点が韓国らしいところなのかな?

今回は、前作で派手に暴れたリー・リィは登場せず、美々子も全体的には影が薄い。代わりに若者たちを恐怖のどん底に突き落とすのが、自殺未遂の高校生、明日香だ。

パソコン回線を伝ってきた美々子に操られるキャラなんだが、堀北真希、見事なまでに陰惨な女を演じている。この明日香って子、とにかく暗い。そして怖い。「ALWAYS」のコロコロ転がるような田舎娘とは正反対だ。ドスの聞いた低い声で、「みんな死ねばいいって!」と吐き捨てる辺り、背筋が寒くなるほどの迫力だった。

彼女、インタビューなどではボーッとした天然キャラなのに、ひとたびガチンコがなるとここまで豹変する。今の若手の中では、1、2を争う演技派だろう。決してかわいいだけじゃないのね。

病院、炭鉱に続き、今回のクライマックスの舞台は夜の学校。薄気味悪い校舎に、またもや今までの犠牲者たちが大挙登場して、二人のヒロインを襲う。もちろん、邪悪の象徴・美々子も出る。今回もしっかり怖がらせてもらいました。

「転送すれば死なない」という究極の選択を迫る新ルールも、ストーリーを盛り上げる。今度は「自分の代わりに誰を殺すか」だもんね。これは、逆に選ばれる側になったとき、いろいろと考えさせられます。日頃の人間関係がものをいうんだもの。敵はあんまり作っちゃいけないね。でも誰からも好かれるというのも難しい。ただの八方美人にはなりたくないし。

新ルールで最後を締めるのは困難と考えたのか、今回のラストも前作の焼き直し。同じパターンで正直イマイチだった。さらには、韓国人彼氏が電話に出たカットが明確でなくて、「あれ?いつのまに取ったの?」と目が点になったし。感動からはかなりズレちゃいました。

メール攻撃を広く呼びかけて、呪われた回線をショートさせるアイディアも、ちょっと応援できません。あの怪しい書き込みに賛同するのは、いつもスパム送ってるような極悪人か、ネット初心者のどっちかでしょ。良心的なネットサーファーは、嫌悪感を感じて無視するのが自然。「助けてやるぜ!」とか、「がんばれ!」なんて行動には、激しく違和感覚えます。

もっと言えば、スパムメールでパンクするのは回線じゃなくてメールサーバーでしょ。あれでパソコンが火噴くわけないじゃん。こういう冷静な見方しちゃいかんのかな?

納得行く行かないは別として、ハイテク幽霊は撃退された。でも、あれが「Final」にふさわしい終わり方だったとは思えない。秋元氏、面倒くさくなっちゃったのかな。それとも、実はまだまだ続ける気なのかな。また新しいルールを思いついたら、いつでも美々子を復活させる気なんだろう。

次回は、地デジの電波に乗って、新しいテレビに死の放送が流れるってのはどう?完全に広まるには2011年まで待たないとダメなのが、玉にキズだけど(笑)。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/571-6fae180b

着信アリ Final 06年132本目

着信アリ Final何回も書いてるから、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、あたしの着メロ、「着信アリ2」です。麻生学 監督  秋元康 企画、原作  角川ヘラルド/日テレ堀北真希 、黒木メイサ 、ジャン・グンソクなんで? もうおしまいなの??もっとシナリ....

着信アリFinalって怖いの?

ホラー映画邦画ホラー映画初心者のすけきよです。着信アリの最終章「着信アリFinal」見ました。着信アリファンの猫姫さんですら出来が悪いと言ってしまうこの作品。不安を覚えながら見てみました(笑)着信

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。