スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特攻大作戦

ロバート・アルドリッチって、実はあまり観ていない。昔、深夜放送で「合衆国最後の日」を観たことがあるだけだ。男くさい映画は大好き(誤解しないよう)なのに、これはまずい。気合を入れて鑑賞した。
しかしよくまあこんなにむさくるしい連中を集めたもんだ。12人の極悪人にそれを束ねるリー・マーヴィン。こいつらの暴れっぷりがこの映画の魅力だ。

でもテリー・サヴァラスの役はいただけない。あやつのせいで作戦が失敗しそうになったじゃないか。性犯罪者はどこ行ったってくされ外道なんだな。

ぬるま湯につかりきった敵の幹部連中を、残虐に殺していく。これは普通の軍隊には無理な作戦だ。極悪非道のあいつらだからできるんだろう。かなり異色な戦争暴力活劇だった。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/57-9e77c922

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。