スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヨウのうた

Yahoo!の1万人オンライン試写会に当たった。1万人だからはずれないだろうとは思ってたけど。回線空いてる方がいいと思い、早朝5時半よりパソコンの前に陣取った。
画面が小さくて拡大もできず、飛行機の中で映画観てるみたいだった。「Gyao」に慣れてると、このサイズは正直きつい。モニタにかなり顔を近づけての鑑賞となった。

よくある難病純愛ものと言ってしまえばそれまでだが、この映画のポイントはそこだけじゃない。やっぱり音楽ものは強いなー。歌のシーンは無条件で感動しちゃうもん。横浜ライブとラストのシーンは、何度もリピートしてしまった。「Good-bye Days」も覚えちゃったよ。これ、いい歌だわー。

バス停の標識動かしたり、突然後ろから突き飛ばして一気に告白まくしたてたり、前半は微笑ましい薫。でも、ライブのシーンは思わず引き込まれてしまう。孝治がすぐにファンになってしまったのもわかるのだ。両頬つねられた変な顔もキュート。あのキスシーンはよかった。

スクリーン初登場のYUI。演技はまだまだ素人っぽさが抜けてないけど、そんなことどうでもよくなるくらい、彼女の魅力が全編にはじけてる。「オレは今、新しい才能が開花する瞬間に立ち会ってるんだ」という感動を覚えつつ、画面に見入っていた。

薫の親友美咲に「バカで下品」と評された孝治。でも、こいついいヤツなんだなー。お父さんも「お前いいヤツだ」って言ってたし(笑)。CDの話を持ちかけた場面は、「薫よ、孝治の優しさ受け取ってやれー」と、完全に孝治を応援しちゃってたもんね。

そろそろ高校生役もキツイかなと思われる塚本高史。でも、「ロボコン」といい本作といい、こういうバカでいいヤツ演じさせたら、今や右に出る者はいない。よく見たらいい顔してるからモテるんだろうけど、同性としても友達にしたい男だ。今後も「いいバカ」路線で突き進んでもらいたい。

岸谷五朗もいい味出してたなー。「どっかのクソガキでいいだろ!」と嘆く娘思いの父親。難病の子供を持つ親は、みんな共感するに違いない。子供いないけど、オレもそう思ったもん。

ついでに言うと、その隣りで黙って話を聞いている先生もよかった。こういう脇のキャラクターが、みんなちゃんと描けてるのが素晴らしい。美咲やお母さんはもちろん、孝治のバカ親友や孝治の母親、薫を見守る警官や、薫に声をかけるスタジオの人まで、みんな気のいい人たち。この脚本はいい。シナリオ書いたの、坂東賢治っていう人なのね。覚えておこう。

死んだ薫が残した歌を、みんなで聴くラスト。サビのところでついに涙がこぼれ、キーボードを濡らしちゃいました。劇場ならもう少し我慢したかも。家で観られてよかった。こういう試写会は大歓迎だ。またやってほしいな。

<6/16追記>
Yahoo!動画にて、YUI for 雨音薫の「Good-bye days」のビデオクリップが観られる(7月末まで)。何度もリピートした。イントロにジーン、歌詞にジーン、YUIの歌声にジーン、映画の名場面の数々にジーン、「私歌うから!」にジーン・・・感動を思い出して、映画の時よりも泣いてしまった。

映画のエンドクレジットにも流れた線画アニメの違うバージョンが出てきて、それも涙を誘う。このPVは必見だ。DVDの時は必ず収録してください。お願いします。

<7/1追記>
映画の日に劇場に入り浸ってたら、始まる前の待ち時間、ずっと「Good-bye days」かかってて参った。思わず聞き入ってしまう。脳裏を駆け巡る名場面たち。こみあげてくる涙。端から見ると、映画が始まる前に涙ぐんでる変なおじさんです(笑)。こらえるのに必死だったぜ、ふー。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[498] 見ました!

うちもオンラインで見ましたよ~。

そっか画面が小さかったから
感動が薄かったのかな~・・・。

スクリーンで見た時はあんなに感動したのに
家でDVDレンタルで見直すとアレッと思うことがあって。
感動の集団感染とかあるんですかね?
あと音響とか画面の大きさとか・・・?!

ストーリー自体は
ありふれてるかもしれないけれど
私もYUIの歌には感動しました。
演技はう~~~だったんですけどね。

[499] >Agehaさん

Agehaさんもオンラインですか!昨日と今日ですから、これから増えそうですね、オンラインでのレビュー。

この映画は、YUIという逸材があって初めて可能になった企画だと思います。若い才能が初めて焼きつけられたフィルムって、やっぱ貴重ですよ。その瞬間に立ち会える感動、なかなかあるもんじゃない。そう思います。

[523]

yahooでビデオクリップ見ました。曲だけはずっと聴いてたんですけど、映像と一緒に見るのは初めてで。実はまだ映画見てないんです…でも感動しちゃって、泣いちゃいました。ほんとYUIの歌すばらしいし、あんまり先入観がなく見れるのでいいですね。YUIをこの役に抜擢した人すごいなって思います。

[527] >ななさん

あのビデオクリップ、最強ですよね。もう何度もしゃくりあげてます。
YUIの変な顔で我慢できなくなり、「ごめんね」で一筋こぼれ、岸谷五朗でもうぐちゃぐちゃ、「♪できれば~」のあたりは鼻水出てます(笑)。端から見たらおかしいです。人に見せられません。
ぜひ映画観てください。歌を知ってから観ると、感動も倍増なはずですから。

[667] YUI

TBありがとう。
YUIはもう、アルバム売り上げトップを占めるようになっちゃいましたが、でも、スタンスはこの作品のときと変わっていないような気がします。立派なものです。

[668] >kimion20002000さん

コメントどうもです。

YUI売れてますねー。映画の影響かなり大だと思います。彼女の個性を活かした企画って、まだまだありそうな気がするので、主演第2弾に期待してます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/556-d302d5c6

タイヨウのうた・オンライン試写会にて。

太陽の光にあたることができないXPと言う病気を抱えた少女 雨音薫は、いつも部屋の窓から見下ろすバス停で サーフィン仲間とはしゃいでる少年孝治を見つめていた。 夜しか外にでることができない薫は 路上ライヴへと出かけた先で偶然彼を見かけ 一気にしどろもどろの畳み掛

タイヨウのうた

 Aadd9-E-Bm7-Dadd9♪

タイヨウのうた試写会 セカチューをもしのぐ涙あふれる感動ラブストーリー、、、だったんですが。

まずはじめに、この映画はあなたの予想してるよりイイです!!(断言(笑)) 画づくりが丁寧です、非常に勉強になります。ツッコミどころがないほどリアルな恋愛、家族愛も描かれているので若者にも大人にも心に染み入るでしょう。松下IMPホール、主演YUIの生ミニ

ボディ・ブロー『タイヨウのうた』

映画『タイヨウのうた』全国2万人泣き祭り大試写会で 『タイヨウのうた』を見てきた。 会場にはお客さんが3分の2くらい。 今回の募集方法に問題があったのだろう。 まあ座席数以上に当選させて通路に座らされるより 数段ましですが。 メールで当選の案内は悪くない

タイヨウのうた

ネタバレあり。試写会が当たったので行ってまいりました。79%が星五つをつけたというふれこみですが、、、正直、星五つかと言われるとちょっとそれはつけすぎかなーと思いますが、いい映画ではありました。ワタクシはこういう不治の病系のお話では、恋愛関係にある相手との

タイヨウのうた / A SONG TO THE SUN

「彼女は、タイヨウに帰っていった。       僕の心に歌を残して。」監督:小泉徳宏脚本:坂東賢治出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一公式HP:http://www.taiyonouta.jp/鑑賞:TOHO Cinemas

タイヨウのうた

~YUIの歌声と、演技に引き込まれていってしまいました。~ラブストーリーです。でも、観客に無理に泣かせようとするところがなく、自然な作風が好き。YUI~ 顔をくしゃくしゃにして唄う所が良いですね。 あの、フェンダーのピックの首飾りは、自前でしょうか? 江

『タイヨウのうた』観て来ました!

『タイヨウのうた』鑑賞レビュー!★ポチッとナ! 生きる勇気と出会う初恋映画初めての感動を届けるライブ・ストーリー ★review★ 本作のようにmusicがストーリの語り部であるかのような作品は主役のキャスティングでその成否が大きく左右する(・。☆)/主演の『薫』を演じ

小さな恋心が残した、大きな足跡。『タイヨウのうた』

太陽の光りにあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた、16歳の女の子の物語です。

タイヨウのうた

ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動。だけど,お涙頂戴の場面も幾つかあって少し興醒め。良い映画なのに,そこだけ残念。

タイヨウのうた

『タイヨウのうた』 映画『タイヨウのうた』に関する記事のトラック・バックを大募集獵

『タイヨウのうた』

まっすぐに前向きに、今出来る事を一生懸命に!予告編では、3回泣いた…。けれど、不思議と劇場では涙はなかった。その代わり、彼女の瑞々しい歌声が、心の奥にまでジンジンと響いてきましたよ。『タイヨウのうた』輝く太陽の様に、キラキラと眩しいくらいの彼女の姿がまぶ

『タイヨウのうた』

彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌を残して。■監督 小泉徳宏■原作 天川 彩(「タイヨウのうた)ソニー・マガジンズ刊」■原案・脚本 坂東賢治■キャスト YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、山崎 一□オフィシャルサイト  『タイヨウの

タイヨウのうた

タイヨウのうた×YUIと薫のうた 「タイヨウのうた」YUIの主題歌「Good-bye days」が流れている頃には、自然と涙が流れた。かなしさ、喪失感、せつなさより、心地良い、爽快な気分にさてくれた。純粋な気持ちと、生きる力を与えてくれる、とっても好きなタ

タイヨウのうた(6月17日公開)

16歳の雨音薫(あまねかおる:YUI)は,学校には行かず,夜になると駅前の広場で歌い続ける日々を送っていた.彼女は,XP(色素性乾皮症)という,太陽の光に当たると命に関わる難病を背負っていた.昼と夜が逆転した,孤独で寂しい薫の生活.彼女が「生きている」と実...

タイヨウのうた~青春時代ていいな('∇')

ポノちゃんが10代後半ならはまったでしょう~たぶんYUIのみずみずしい演技いいね

タイヨウのうた

2006年6月17日 劇場初公開公式サイト: http://www.taiyonouta.jp/渋谷アミューズCQNシアター1(8階)2006年6月28日(水)11:00の回ゴウ先生総合ランキング: B-/C+  画質(ビスタ): B-  音質(ドルビーデジタル・ステレオ?): B

タイヨウのうた(映画館)

彼女は、タイヨウへ帰っていった。僕の心に、歌をのこして。CAST:YUI/塚本高史/麻木久仁子/岸谷五朗/通山愛里  他■日本産 119分久々に目頭が熱くなって鼻をかんだ映画に出会いましたわ~。お気に入り度も久々の五つ★!!本当は観に行く予定はなかったけど、ロケ地

【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun)

大切なもの歌家族そして彼限られた時間を歌と生きた少女の物語太陽にあたると死んでしまう彼女はタイヨウに帰っていった僕の心に歌を残して『私、生き生きて生きまくるんだから!』

Live Life Love

『タイヨウのうた』“月の下でしか生きられない少女”雨音薫役のYUI、“バカで下品な高校生”藤代孝治役の塚本高史。この2人の演技はとてもナチュラルな感じで好感が持てました。それに岸谷五朗の不器用でぶっきらぼうな父親役も後半にかけてすごくいい味出してます。こ

タイヨウのうた

太陽の光にあたると命に危険がおよぶ病をかかえる少女が、ある少年との出会いによって自らの命を輝かせていく純愛物語。監督は本作の制作プロダクションであるROBOTが抜てきした新人の小泉徳宏。ヒロインにシンガーソングライターのYUIがふんし、映画初主演ながらも、歌うた

『タイヨウのうた』観て来ました!

『タイヨウのうた』鑑賞レビュー!★ポチッとナ! "太陽が沈んだら会いに行くよ!"生きる勇気と出会う初恋映画初めての感動を届けるライブ・ストーリー 私の手、こんなになっちゃてるけど....。私の"声"は聞こえてるよね!私、唄うから! ★review★ &q

YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』

 のびやかと素直さがいい。それは、主演であるYUIとYUIの歌、そしてこの映画を演出している弱冠25歳の監督の手腕についても言えることで、未熟さ、拙さはあっても、ヘンな気取りや押し付けがましさがなくて、さっぱりとして清清しい。それは、主人公が好きになった男の子を

タイヨウのうた

 絵に描いたような静謐なメロドラマ。それも、韓国映画の書法を地でいくような描き方に、いずれは韓国でリメイクされるのではという予想や、あるいは

「タイヨウのうた」

6月に全国ロードショーされる「タイヨウのうた」のマスコミ試写。監督は25歳の小泉徳宏。YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子ほか出演。16才の薫(YUI)は太陽の光にあたることができないXP(色素性乾皮症)という病気で、昼間は自宅の部屋に閉じこもり、夜になると駅

タイヨウのうた-(映画:2006年98本目)-

監督:小泉徳宏出演:YUI、塚本高史、岸谷五朗、麻木久仁子、通山愛里評価:92点公式サイト(ネタバレあります)泣いた・・・。ラストで薫(YUI)の歌う「Good-bye days」が流れだしたきには鳥肌が立つような感動が押し寄せてきた。...

「タイヨウのうた」

(2006年・ROBOT/監督:小泉 徳宏) 早朝、高台にある家の窓から、遠くのバス停を眺めている少女の姿から映画は始まる。 やがてバス停

「タイヨウのうた」遅ればせながら・・・。

 ドラマも放映しているタイヨウのうたの映画版を見てきました。病気者と言えば最近は1リットルの涙が記憶に新しく、かつドラマ版は僕的には最高傑作と思っていますが、タイヨウのうたはどうでしょうか。。。

「タイヨウのうた」

YUIの歌声は申し分なかった!儚げで、でも力強く一生懸命歌ってる姿は、病気と闘いながら生きる主人公・薫そのものでした。そしてこの映画は何と言っても自然なセリフがとても生きている。キレイごとじゃなくて、その辺に転がってそうな会話で、だからこそとてもリアルで

「タイヨウのうた」

2006年 小泉徳宏監督作純粋で素朴な映画。色素性乾皮症(XP)に関する作品。映画としての出来具合は、監督初の本格デビュー作ということで雑で荒削りな気がするけれど、XPという病気そのものの知名度を高めるには十分な役割を果たしていると思う。XPに関する映....

【Amazon】YUI in "A Song to the Sun" Good-bye days 映画『タイヨウのうた』YUI写真集【アマゾン】

YUI in "A Song to the Sun" Good-bye days 映画『タイヨウのうた』YUI写真集陽の光を浴びたら死んでしまう女の子・雨音薫の最初で最後の恋―19歳のシンガーソングライターYUIの初主演映画『タイヨウのうた』。YUI演

タイヨウのうた

ドラマも見てますが、これは映画版の感想です。観るきっかけは、ドラマ見てたからなんですけど、思っていた以上に映画が良く手ですね^^是非?紹介したかったんですが、もしかして公開終わってる?監督  小泉 徳宏出演  YUI  塚本 高史  麻木 久仁子  岸谷 五

タイヨウのうた

『Oh、Good-bye days~♪』歌詞とかがスッと入ってきてなかなか歌が効いてる。タイヨウのうた スタンダード・エディションposted with amazlet on 06.11.24ジェネオン エンタテインメント (2006/11/22)売り上げラン

タイヨウのうた

おっとが一人映画を見に行き、DVDまで購入した「タイヨウのうた」なんだか私に観せたいらしく、というか一緒に観たいらしく、連日、「ねぇ・・・見ない?」「今日、時間ある?」と問いかけていました。私は映画は集中して観たい派なので、周が寝てゆっくり観

タイヨウのうた(11月22日DVD発売)

XP(色素性乾皮症)という,太陽の光に当たれない病気を背負った16歳の雨音薫(YUI)が,明け方にかけて海へ出かける青年・孝治(塚本高史)に思いを寄せる.歌うことで,生きていることを感じられた薫(YUI)の,初めての,しかも「夜だけの」恋.しかし,薫に残された時間....

タイヨウのうたを妻と見た

YUIと塚本高史主演の映画版 ジェネオン エンタテインメント タイヨウのうた プレミアム・エディション DVDで妻と見た。とにかく妻に見せたかったのだけど、珍しく刺さった模様。涙ぐんでました。僕は二度目ということもあり、感動は初回ほどではありません

【邦画】タイヨウのうた

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B+(演技3/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ3/合計37)『評論』「世

mini review 07017「タイヨウのうた」★★★★★☆☆☆☆☆

カテゴリ : ラブ・ストーリー 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 119分 公開日 : 2006-06-17~ 監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 マギー 山崎一届くことを、信じること。雨音薫、16才。学校に行かず、夜になると毎日駅前広場で歌を歌

映画「タイヨウのうた」 ~我にとっての“生きる証”は歌う事である~

月の下でしか生きられない少女。サーフィンの好きな陽に焼けた少年。交わるはずのないふたりが出会って、奇跡の物語がはじまった------。海辺の町に暮らす雨音 薫(YUI)は16才。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えている。学校には行けず、陽が

タイヨウのうた 07069

タイヨウのうた2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一うわぁ~、、、これはダ...

≪タイヨウのうた≫(WOWOW@2008/01/04@009)

タイヨウのうた   公式HP   詳細@yahoo映画 去年のうちにWOWOWで録画していたこの作品を鑑賞 初鑑賞だったがとても良かった XPって言う病気の事も初めて知ったし まぁ、何てったって“YUI”のかわいさ・素朴さその魅力にやられた~ 演技はまだ初...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。