スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知空間の恐怖 光る眼

ジョン・カーペンターのリメイクではなく、1960年のオリジナル。原作は昔読んだ覚えがあるが、そんなに覚えてもいない。ラストも忘れた。SF映画の古典なので、面白かろうとそうでなかろうとオレは必見の作品だ。
大した特撮も使わないで、不気味な雰囲気を盛り上げるのに成功している。道の途中のある一線を超えると、すーっと寝てしまうあたりなんか最高。突然ふらーっと倒れる演技力だけだもんね。

今回は小さな村だったけど、もしこれが都会のどまんなかだったらすごいことになる。人類を超える種族の誕生が目的なら、そっちの方が理にかなっていると思うが。続編にしても面白い。

ラストのジョージ・サンダースの戦いは、なかなか見応えがあった。だって爆弾使おうとしていることを、エスパーキッズどもに悟られちゃいけないんだもの。なんか別のことを必死で考えて、いざその瞬間まで脳裏をかすめもさせない。そんなことできるんかいな?オレには無理です。考えまいとすればするほど浮かんできちゃう(笑)。みんな絶対そうだよね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/55-6925907e

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。