スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、ひと粒のひかり

「ある子供」に引き続き、札幌蠍座で鑑賞。2本続けて観ると1200円に誘われて観た。
「グッドナイト&グッドラック」「ある子供」と、朝から3連チャン。もう睡眠不足もピークで、またもや寝てしまうかと危惧した。でも、話が興味深かったせいか、はたまた前2作でしっかり休息を取ったせいか(笑)、この映画は大丈夫だった。

美しい容貌に固い意志を秘めた瞳が印象的なマリア。しかし、あの年頃の女の子らしい華やいだ雰囲気は皆無だ。閉塞的な状況から這い上がろうと必死にもがく姿が、観ていて本当に痛々しい。演じたカタリナ・サンディノ・モレノは、この役でアカデミー助演女優賞にノミネートされたけど、彼女から受けた衝撃に、思わず納得して膝を打った。

元々気性は激しい方だとしても、マリアの生きる環境は、あまりに狭くて息苦しい。母親も姉も自分のことばっかりだし、バラ工場の主任も女を蟻のように働かすことしか考えてない。思わず「できちゃった」けど、だからってあんな保守的なケツの穴の小さい男と一生添い遂げるなんて、想像しただけでぞっとする。「こんな生活、もうイヤ!」とマリアが嘆くのも仕方ない。

普通なら、運び屋として誘われても、あっさり断るところだろう。でも、何をするにも金が要る。追い詰められた彼女が、犯罪者の道を選んでしまう展開に、やるせないものを感じずにはいられなかった。

そこからは一級のサスペンスも顔負けのスリリングなシーンが続く。うわ、あんなヤバい袋をあんなに・・・!うわ、飛行機の中で出ちゃったよ!うわ、それを・・・!うわ、捕まっちゃったよ!うわルーシーが血まみれだ!うわ、逃げろや逃げろ!・・・もう、「うわ!」だらけ。

道を踏み外したことに気づいても、もうあとの祭り。ギリギリのところで最悪の事態だけは避けて、大金も手に入った一方、失ったものも多い。ちょっと憧れていたルーシーの命。裏切ってしまったカルラからの信頼。なんでも話せた親友ブランカとの友情。そして、体だけでなく魂までも穢れてしまったことにうなだれるマリア。ルーシーの葬儀をきちんとしてあげることが、せめてもの償いだったのだろう。

そんな彼女の唯一の光は、おなかの中の子供だ。「あっち(コロンビア)で子供を育てるなんて考えられない」というカルラの言葉が心に残っていたマリアは、ラスト、搭乗ゲートを通る直前、踵を返す。

大変な経験をしたけれど、これからだってもっと大変な目に遭うかもしれない。でも、もう元には戻れない。この子のために、自分はこの国に残る。彼女が決めたそんな覚悟に、思わず応援の声をかけたくなった。彼女には、どんな形であれ、幸せになってほしい。心からそう思う。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[470]

ども♪
この映画、彼女ナシでは絶対成立しなかったんじゃないか?っていうくらい、はまってましたね。
全部が全部本当の話っていうんじゃなくて、色んな話をつなぎ合わせたって聞いたけど あの国では本当にありそうな話で、映画館を出たときには結構ブルーになってしまいました(笑)
日本の女子高生とはかけ離れた現実感でしたが。あるんでしょうね、実際のハナシ。
ところで、そっか、映画を観ても、レビューを書いていないものもあるんですね。
「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」はいかがでしょう?あまり話題にはなっていなかったような気がするんですけど、観終わったら割と充実感がありました。
P.S-長々ごめんなさい...「マグノリアのアレ」は、ありなんでしょうか!(笑) いいテンションで流れてきた感があったのに!!! クレジットを眺めながらうなってしまいました。

[471]

>スーさん
カタリナ、見事な熱演でしたね。一気に注目株です。
コロンビアと言えば、コーヒー豆か麻薬のイメージ強いですよね。だから、フィクションだとしても、実話を観ているようでした。
ブログを始める前に観た映画は、感想を書き残してないので、ここにもないです。忘れっぽいので、思い出して書くことも難しく・・・。
「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」も観なきゃと思いつつ、まだ観てません。アラン・パーカーの映画ですから、観ないといけないんですが。
そうそう、「シリアル・ママ」観ましたよ。近々、レビューアップしますね。

[478] 移転されたんですね。

こんにちは、ブログの引越しお疲れ様ですw
自分も昨年ライブドアからFC2に移転しましたが、やはりコメントとTBが上手くいかなかったので結局記事ログのみ(しかも途中は手作業(;´Д`) 持ってきました。
今後とも宜しくお願いしますw

この作品もそうですが南米の現実は苛酷ですね、出ちゃってまた飲み込んで(゚Д゚;)、というかもう60個あの大きさを飲み下す事自体驚愕でした。男は100個とか言ってましたね・・・。TBさせて頂きました。

[480] >linさん

難しいですね、お引越しは。コメントは全部手作業で復活させたんですが、TBはあきらめました。全滅です。

男は100個!どんだけ胃の大きいヤツなんでしょうか?大食いチャンピオンの人なら、結構稼げるかも(笑)。冗談です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/543-c851fbd1

「そして、ひと粒のひかり」

 そして、ひと粒のひかり「そして、ひと粒のひかり」 ★★★☆MARIA FULL OF GRACE (2004年アメリカ/コロンビア)監督:ジョシュア・マーストン脚本:ジョシュア・マーストンキ

そして、ひと粒のひかり

「そして、ひと粒のひかり」 2005年 米/コロンビア★★★★南米のコロンビア。コロンビアといえば、コカインの原産地。予告で観たものと違い 淡々として 少々、物足りなかったかも。ドラッグが絡むと 際どい人間の悪の部分が浮き彫りになる筈だが...

そして、ひと粒のひかり

ご無沙汰しております。8月中は、とある事情の為にブログ更新はおろか、コメント&トラバ返しも遅れるかと思われます。ホント申し訳ないです。今、ある事にハマっておりまして、寝る間も惜しんでそれをしてるんです。9月に入ったら、きっと落ち着くのではない...

『そして、ひと粒のひかり』’04・米・コロンビア

あらすじ コロンビアの緑あふれる丘の狭間にある小さな田舎町。17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はバラ農園に農園で働いていたが、トラブルで仕事を辞めてしまう。そんな中、倦怠期の恋人ホアンの子を妊娠してしまう。お金が必要なマリアは、知人から紹..

映画『そして、ひと粒のひかり』

原題:Maria Full of Graceひと粒どころではない、24時間絶食して大きめの繭ほどの麻薬の詰まったゴム袋を50粒以上飲みこんでコロンビアからニューヨーク・・少女の成長の物語 マリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)はコロンビアの田舎町のバラ園の仕事を失業、家族

『そして、ひと粒のひかり』(☆☆☆☆☆)

痛い映画でした。 『そして、ひと粒のひかり』 コロンビアの田舎町に住む17歳の少女マリア。 家族のために、カーネーション農園で働き、単調な毎日を送っています。 マリアの住む小さな町には、他に仕事はありません。 マリアが小さな喧嘩をしてカーネーション農園の

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。