スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドナイト&グッドラック

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのジョージ・クルーニー。なのに、地元のシネコンじゃ「シリアナ」に引き続きかける予定なし。わざわざ札幌遠征して観てきた。
ただ、せっかく遠征したのに、かなりの睡眠不足状態での鑑賞で、まともなレビューを書く資格がないくらい、船こぎまくってしまった。だから、以下は半分以下で読んでくだされ。

ハリウッドに吹き荒れた赤狩りについては、デ・ニーロの「真実の瞬間」という名作がある。良心に従った映画人が辿った運命に心が震えた。プライドと引き換えに失ったものの大きさに、胸を締めつけられた。

思わずあれと比べてしまうが、本作の主人公エド・マローは、もっと勇気があって、もっと行動力があって、全然ぶれたりしなくて、頼りがいがあってカッコいい。悪の権化マッカーシーに敢然と立ち向かい、見事に叩きおろす。赤狩り収束における彼の功績はデカい。まさにハリウッドの歴史に残るヒーローだ。

でも、感動はできなかったな。あまりに弱点がなさすぎて。確かにすごい人なんだけど、全編すごい状態が続いていて、起伏がない。ギャップがない。

映画って、すごくない人がすごいことするからカタルシスを感じるんだと思う。すごい人がすごいことしても当たり前でしょ。「すごいなー」で終わってしまって、共感するには至らない。自殺してしまった同僚の方が、まだ人間的に興味が持てる。

半分夢うつつだったから、実は全然違っていて、ものすごく人間味あふれる主人公だったりして。そしたら、これほど的外れな批評はない。いやいや間違いなく的外れですね。もう読み飛ばしちゃってください。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[468]

おはようございます。
私も近所のシネコンではやらないようなので、
大阪出張時に観ました。
すばらしいシャープな画面に
ナイスガイ達が躍動していましたね。
白黒画面が美しい。
でも、おっしゃるとおり、弱い部分がないので、
感動・共感が今一です。
でも、至福の90分であったように思います。

[469]

>パーキンスさん
おはようございます。早いですね(笑)。
もっとちゃんとした状態で観ればよかったと、後悔と反省の毎日です。モノクロの画面も、睡魔に勢いを与えていたようで・・・。
すっきりした頭で観たなら、雰囲気にどっぷりと浸れたんだろうと思います。クルーニーのセンス、いいですよね。さすが、ハリウッドの良心です。

[505] ヨイ映画ですけど1800円は高いと思った

はじめまして。
TBした宮崎です。

おっしゃるように起伏をあまり感じない映画でしたね。
エンターテイメントというよりお勉強という感じ。

僕はこう言うのも好きですけど、1800円は高いなーと思いました。

[507] >宮崎さん

オレの場合うつらうつら鑑賞だったので、批判する資格は持ってないんですけどね(笑)。でも、同じ感想の人が結構いるみたいで、あながち間違いじゃないのかも。クルーニー映画というだけで、評価が底上げされてる?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/541-0479bd73

■47号 ジョージ・クルーニー インタビュー

映画「グッドナイト&グッドラック」の制作したクルーニー。 アメリカを守るためにはアメリカ的なモノを犠牲にするしかないのか? 魔女狩りについての団長の解説も。

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。