スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIMIT OF LOVE 海猿

この連休は全然映画を観なかった。最後の最後にレイトで観てきた唯一の映画がこれだ。
この映画を観るにあたって、二つの不安があった。一つは、TVシリーズをまったく観ていないので、それで映画がわからなくなってしまわないかということ。もう一つは、TVシリーズの延長気分で、鑑賞マナーのなってない観客が多いんじゃないかということ。

結果として、これらは杞憂に終わった。劇中、1作目の場面は何度か出てきたが、TVシリーズのシーンは出てこなかった。TVシリーズを観ていた方がより理解できるんだろうけど、観てないからといって困ることもなかった。エンドクレジットには、ちょっと出てきたけどね。

始まる前は結構気になった周りの人たちの傍若無人ぶりも、始まってしまえばずいぶんと静かになった。シネコンの座席だというのに、オレの前に座った兄ちゃんの帽子が画面に引っかかりそうだったのにはイライラしたけど、まあそれくらいだ。

だが、これで映画には大満足できたかというと、実はノー。これが今の邦画のメインストリームかと思うと、かなりガッカリさせられた。一言で言えば、テンポ悪すぎ。

最近、DVDの特典としてカットされたシーンが収録されてることが多い。監督のコメントも聞いてみると、カットした理由は大体一緒だ。「いいシーンなんだけど、映画のテンポが悪くなるから切った」とか、「早く次のシーンに行きたかったから切った」とかだ。外国の監督の、映画のテンポに対する考えは厳しい。

一方、本作はどうだろう。オレが監督だったら、まず、環菜が下川に仙崎を助けてと訴えるシーンは即カットだ。あのシーンはまったく要らない。まさしくDVDの特典で観るにふさわしいよ。

それから、ダラダラ長いシーンもどうにかしたい。動けなくなった吉岡に、仙崎が「あとで助けに来る」というところ。もうしゃべりすぎ!悠長すぎ! あとで助けたいなら、早く行って帰ってこいよ! 感動するよりイライラしてくる。

これからはしごを上るって時に、携帯でプロポーズする場面もまたしかり。大事なところかもしれないけど、ならもう少し工夫せいよ。長々しゃべりすぎたから、はしご途中で落ちちゃったんじゃないかよ。ありゃ自業自得。あの海上保安官には助けられたくないわ。

すべて問題はテンポ。だって、海難パニックものでしょ? 時間との戦いなんでしょ? その緊迫感がことごとく殺がれてしまってるのよ。これって致命傷でしょう。このジャンルで人間ドラマを見せたければ、小道具を多用するとか、時間をかけないやり方があるのよ。台詞に頼っちゃダメなのよ。そんなこともわかってないのかな。

見せ方次第では、相当感動できる映画になったはず。でも残念ながら、そうはなってない。たくさんお客さん入ってたし、半分以上は女性だったのに、すすり泣き一つ聞こえなかったのが、それを証明している。

でもフジテレビだし、大々的に宣伝してるし、それなりにヒットするんでしょう。勝てば官軍、誰も反省なんかしないよね。こうしてまた駄作が生み出されていく訳だ。本当にガッカリ。

いいところもないわけじゃないんだけど、今回はあえて厳しめに書いた。邦画の将来は、明るくなってほしいもんだから。ホント頼むよ。

<おまけ>
佐藤隆太って、確か「ローレライ」でもハマって動けなくなったんじゃなかったっけ? デ・ジャヴじゃないよね(笑)。同じフジテレビなのに・・・。思わず、「またかよ!」と突っ込んじゃったぜ。え?感動するところ?嘘だー(笑)。

<7/20追記>
ニューヨーク・アジア映画祭で上映された時の記事。

「鑑賞中、あきらかに日本人と反応が違っていたのは、主役の伊藤が携帯電話を使ってプロポーズする感傷的なシーンでは日本中が大号泣だったが、ニューヨーカーの目には『こんな状況下で携帯を4、5分も使いプロポーズまでする』彼を見て、爆笑していたことだ」(シネマトゥデイ)

やっぱりウケたか(笑)。こっちの方が普通の反応でしょう。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[458]

わたしもこれはいまいちのめり込めませんでした。でも周囲はけっこう泣いてましたけどね。

[459]

>pocketwarmerさん
泣いた方はTVも観ていた人じゃないでしょうか?いろいろ思いがあるんでしょう、きっと。
だから、この映画の感動とこの映画の出来は、全然比例してないと思います。映画としては、低レベルですよね。

[460]

taoさん、お久です☆
そうですか。。。「海猿」やっぱりダメでしたか。。
来週の日曜に休みがとれたので、観に行こうと思ってました。ガッカリ、でも、taoさんのコメを頭に入れてあえて行ってきます(笑)

[461]

>知奈さん
どうも、お久しぶりです♪
オレは低評価ですけど、ここにTBしてくる方の評価は、大概いいですよ。それも絶賛!オレの記事にはTBしない方がいいんじゃないかと思うくらい(笑)。
オレの偏屈な感想は参考にしない方がいいと思いますよ。自分の素直な感性でご覧ください。それが正しいはずですから。行ってらっしゃい!

[462]

全体に同感です。
良いところも多いと思うのですが、喋りすぎでテンポ悪いですね。
印象的な台詞も、全体のバランスを崩してるし。
画そのものはよく出来てましたが、あまりにもウソがバレバレで白けてしまいました。

[463]

>ノラネコさん
この映画に苦言を呈するのは勇気が要りますね。それくらい、世の中絶賛で驚きます。
あんまりにもテンポ悪いから、海外には出してほしくないですね。邦画のレベルの低さがばれてしまいます。
ウソはあの場面ですね。角度の違い。
あれなら、かなり真横に近くなったところで、煙突の壁を走った方が、早く外に出られたんじゃない?(笑) 観てて、そんなこと考えてました。感動とはほど遠く・・・。

[464]

Taoさんこんばんは。
TBが反映されないみたいで、コメだけになっちゃいました。
すいません。
>ウソはあの場面ですね。角度の違い。
あれは観た人の95%にはバレたと思います、最悪のウソのつき方ですね。
まあ細かい事言い始めると、冒頭の加藤あいのハイヒール、ルーフに載った非防水トランクに入ったウェディングドレスから始まって、30箇所くらい「ウソじゃん」と思ったんですけどね(笑
この映画、恐らく脚本のハコ書き時点での、この手の問題点の洗い出しをやってないのではないかと。
画は一級品ですが、このあたりがテレビドラマの意識のまんまだったのが、なんとも勿体無い作品でした。

[465]

>ノラネコさん
ヤプログは最近最悪の状態なので、TBもきっとこちらが原因です。ヤプに代わって謝ります。どうもすいません。
確かにテレビなら、ああいう風に台詞で尺を稼いでも気にならないでしょうね。でも、映画は1分1秒無駄にできないものですよ。テレビと一緒にされちゃ困る。
まあ、こんなオレも「踊る」シリーズには寛容だったりしますから、この映画もファンが褒める分には別に構いません。ただ、映画そのものとして高評価を与えるのは間違ってると思います。

[494]

はじめまして^^

ロケ地が鹿児島という事もあり
はじめて海猿みたのですが、久しぶりに
感動した映画を見た感じです☆

ここ鹿児島でも異常な盛り上がりで
映画館も満席状態が続いています(@_@)

私のブログで
ロケ地紹介などもやっていますので
宜しければ遊びに来て下さいね♪

[496] >karankoron

はじめましてです。
ビアガーデン取材されたんですね。なんか面白そう。ロケ地を見るのって楽しいですよね。その時の話をじかに聞くなんて、わくわくしますね。

[508]

こんばんは。お邪魔します。TBさせていただきました。

絶賛する声が圧倒的に多いんですが、やはりダメな所はダメと言うべきですね。
こちらを覗いて、私とほぼ同意見だったので安心しました。邦画、良くなって来たからこそ辛口意見も大事ですね。
これからもよろしくお願いします。

[509] >Keiさん

今クロアチア戦を観ながら書いてます。後半始まったところ。ピンチの連続でもうハラハラだわ~。この映画にはなかった感覚ですね。
これからも正直に書いてまいりますので、よろしくね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/539-e5eadbea

LIMIT OF LOVE 海猿 ロケ地紹介 2

今回は、環菜が横浜から出てきて、仙崎、吉岡と一緒にビールを楽しそうに飲んでいたあのビアガーデンを紹介しますでは、地図で場所の確認JR鹿児島中央駅東口から徒歩3分の場所にあるステーションホテルニューカゴシマの屋上ビアガーデンがロケ地です。ステーションホテル

「LIMIT OF LOVE 海猿」

(2006年・東宝/監督:羽住英一郎) 随分前に観た映画なのだが、どうも批評し辛い作品で、これまで書きそびれていた。 やっと書く気になった

LIMIT OF LOVE 海猿~ニート諸君覚醒せよ!

今回の海猿(LIMIT OF LOVE)は評判が良いみたいだ。この映画を避けてい

LIMIT OF LOVE 海猿

公開されて2ヶ月近くたってるのにまだやってました。 やっと見に行ったんですけどね。 私の友人たちが邦画は嫌いな方たちが多くてなかなか邦画を見る拒が少ないです。でも、日本沈没は見に行くぞ~♪ 感想ですか・・・? え~っと泣くぞ泣くぞっていたるところに書いて

★「LIMIT OF LOVE 海猿」

このドラマ、ぜーーんぜん興味ありませんでした。テレビ版も、前作の映画も。丁度この季節、邦画の封切りが多いみたいで・・・シネコン行っても観たいものなーーーい。じゃ、2ヶ月以上もロングランしてるものでも見とこ・・って事で。2005年製作のラブ・アドベンチャー

海猿 LIMIT OF LOVE 

海猿 LIMIT OF LOVEをテレビのロードショーで見た。一作目のマイナーな作品に比べて、まあまあエンターテインメントになっているとは思うが、どうも日本の映画でパニックものはイマイチだね。一つには、日本人のパニック表現が小さいということかな?といって、アメ...

LIMIT OF LOVE 海猿(DVD)

愛でしか、救えない。

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。