タイフーン

「PROMISE」に続いて、今年2本目のチャン・ドンゴン。韓国本国でも、記録的なヒットをしたらしい。じゃあ、それなりに面白いんだろう。レイトで観てきた。
アクション映画としての期待は決して裏切らない、最近の韓国作品。本作も、カーチェイスに銃撃戦、船内の死闘と、迫力満点だ。舞台も、シンガポール→ソウル→ロシアと、スケールも大きい。スクリーンで観ておく価値はあると思う。

でも、正直乗れませんでした。それも最初っから。

海賊なんだから、根っからいい人なわけないし、そりゃ人も殺すだろう。それはわかってる。それでも主役なんだから、ちゃんと感情移入できるように作ってくれてることを期待するのは当然。なのに、このシンという男、冒頭から米国船の乗員を情け容赦なく殺しまくるのよ。あまりに凄惨な出だしに、こっちは完全ドン引き。年齢制限がないのが不思議なくらいだ。

もちろん、それにはそれなりの理由があって、あとから説明がされる仕組みにはなっている。お得意の南北分断による悲劇だ。韓国人なら、ナショナリズムを刺激されて、涙ちょちょぎれるんでしょう。

だけど、あんな人殺しまで、この錦の御旗で保護されるのかい? ごめん、日本人のオレには受け入れがたいよ。確かに悲惨な生い立ちだけど、だからって「北も南も皆殺しにしてやる!」なんて、ただのサイコパスだぜ。歪み過ぎです。同情できる範囲を超えている。

一方、風船爆弾は、ある意味肩透かし。あんなトンデモ爆弾が、ついに空に放たれてしまったというのに、なんとなく描写が淡白で、変な気はしたのよ。観客の方が、阻止せんと奮闘するセジョンよりもあせってる。そんな観客のとまどいなんか、どこ吹く風。何もなかったように「3ヵ月後」って、それはないんじゃないの?

全編凶暴な野獣だったのに、ラストだけ博愛精神にあふれちゃった。このキャラ破綻ぶりにはついていけない。爆弾が本物だった方が、まだ一貫性がある。そして、それをちゃんと阻止してくれればいいのよ。最後だけいい人って、ちと都合よすぎないかい? 最後の最後の、クリスマス回想も冗長。あんなシーンまで付け加えて、この映画の方向転換はかなり強引だ。

この映画の最初の設定も、日本人としては素直になれない。日本には一応、非核三原則ってものがあるのよ。そして、「そんなの完全に建前だよ」なんて風潮もないのよ、日本には。いくら映画の中でも、「米国が日本に核ミサイルを配置する」なんて話でスタートされたら、違和感感じます。しかも歴史的・政治的に微妙な立場の隣国からそれを言われると、ちょっとカチンとくる。

凶暴な主人公と適当な設定で始められたら、途中、どんなに熱い場面があっても、冷ややかに観てしまうって。この映画、ほめられませんな。南北分裂ネタ、もうそろそろやめたら?

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[446]

おジャマします~♪
僕もラストが納得いかなかった(汗)
ショボイ計画だけど、風船飛ばして欲しかったです。

[447]

あの風船テロは旧日本軍の風船爆弾が元ネタかと(実際にアメリカまで届いた)。
しかし成層圏のジェット気流を利用した風船爆弾と違って、台風では・・・来なかったり朝鮮半島の手前で進路変えちゃったりしたらどうするつもりだったんでしょうね(笑

[448]

 ネタバレありと書いてあったので、ちょい警戒していたのだけど、どの記事を読んでもネタはばれてません。ネタバレ映画評論のサイトもそうだけど、Taoさんの評論はネタを打ち消す如く辛辣です。切り味がいい。こういう評論は好きな形です。映画を観る前でも読め、観た後なら尚更。しかしどういうのでしょう。映画に愛着をもって、一本の作品を大切に観ているといった感じでしょうか。上手い予告を見ているような文章。そしてさらに、映画を取り囲む現代社会を風刺していて、珠玉の評となり、確立している。面白いホームページにめぐりあった。読ませていただいた事に感謝します。

[449]

>はっちさん
大風呂敷の広げ方を間違った感じでしたね。
あの風船だったら、最初の大殺戮はなんだったの?と思います。辻褄あいませんよね。
>ノラネコさん
風船に爆弾がなければ、結局どこ飛んでいってもいいわけですよね。だから、台風が二つでも一つでも、もっと言えばなくても、どっちでもよかったわけで・・・。たまたますごい台風が来てたんですね、都合の良いことに。
>冨田弘嗣さん
おほめいただき恐縮です、はい。ほめすぎではないかと・・・。
でも、やっぱりあんまり観る前には読まない方がいいと思うんですが・・・。それを前提にすると、こっちも思ったこと書けなくなっちゃうので・・・。
でも、自分では辛らつとは思ってないんですよねー。だって、正直に書いてるだけですからー(ノウテンキ)。
これからもよろしくです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/519-dfd6e41c

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】