スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンド 光と闇の伝説

リドリー・スコット監督の未見作品も少なくなってきた。以前録画したビデオで鑑賞。
公開当時、あまりいい評判を聞かなかったのを覚えている。こういうファンタジーの類に、あんまり興味がなかったのもあって、劇場で観ようとは思わなかった。あれから20年も経つ。熟成されて面白くなってればいいのだが。

面白くなってるわけがないわね。まずもって、主役のトム・クルーズが気持ち悪い。ちょっと前のキムタクみたいなロン毛で、森の中を跳び回ってる。あれはカッコよくはないわな。そんな野生児が、お姫様を助け出すお話なんて、全然観たいと思わないもの。

そんな退屈な物語を見せられる1時間半は、単なる苦痛でしかなかった。ビジュアル面ではかなり凝っているのはわかるんだけどね。全編ぬるくてキツかったー。少し眠らせてもらいましたよ、はい。

鏡の中から登場する悪い大王。全身真っ赤で、禍々しい角が2本。見た目のすごさと、あんな子供みたいな姫との結婚に固執する辺りが、どうもマッチしない。大人の観る映画じゃないんだ感が増すばかりだ。

姫にかけられた呪いを解くために、姫が湖に捨てた指輪をなんなく探し出すトムくん。そして口づけをして、姫は眠りから覚める・・・うーん、なんじゃ、こりゃ。こんな手垢のついたような伝説、映画にする価値があったんかい? 世間の評価は、きわめて正しかった。スコット監督にも駄作はあるのね。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/518-64376760

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。