スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムソンズ

映画の日、トリはこの映画しかない。保証つきの号泣で1日を締めたかった。レイトで鑑賞。
思えば、邦画を観るために2回劇場に足を運んだのは、人生でこれが2本目。さかのぼること24年前の「時をかける少女」以来だ。それほどオレには珍しいことをした。それくらい、もう一度観たかったのだ。上映延長してくれてありがとう。上映作品の少なさにがっかりさせられることの多いシネコンだけど、たまにはいいこともするのね。まあ、地元が舞台の映画なんだから、これくらい当たり前な気もするけども。

2回目は感動するところがわかってるから、その場面が近づいてくるだけで、目頭が熱くなってくる。そして同じところで大号泣。ホント、涙って止められないものね。

前回はシムソンズの4人にばかり目が行ってたけど、2回目は脇の人々に対する細かい気配りが、とてもよくわかった。ポイントポイントで愚直なまでに、その場にいる人全員をちゃんと映すのよね。そして、それがすごく好感持てるし、感動しちゃうのよ。ここまで丁寧な映画も珍しいんじゃないか。ますます好きになりました。

前回は加藤ローサに夢中になってたけど、2回目で一番目が離せなかったのは、菜摘役の高橋真唯だ。前半と後半の見事なギャップ、完璧なコメディリリーフ。そしてやっぱりあのシーンだ。あのシーンの搾り出すような声に、オレの涙も絞り出されました。DVD買ったら、何回も何回も観ちゃいそうだ。

この映画のチラシは3種類あって、2枚目3枚目のデザインはほとんど同じ。違うのはキャッチコピーだ。2枚目のコピーは、「初雪降ったら いいことあるよね?」という、とても普通なもの。でも、3枚目は違う。3枚目のコピーは、

「見つけたー。」

映画を観た後で、この言葉はすっごく胸に迫ってくる。

見つけた・・・・・・何もなかった自分が、本当に打ち込めること。
見つけた・・・・・・試合に勝つよりも大事なこと。
見つけた・・・・・・人を信じることの素晴らしさ。
見つけた・・・・・・ずっと手を握っていたい、大切な仲間。

もう、書きながら泣けてくるよ、ホント。この映画、やっぱり10年に1本の傑作だ。

前回の感想はこちら

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/509-6d638f79

シムソンズ

こんちくわ!!1週間、お休みしてました。その間、ゲームに精力を費やしてたんです(笑)今週からはボチボチ更新していく予定ではあります。コメント&トラバ返しは明日に致します。『シムソンズ』あらすじ『北海道にある小さな町、常呂町...

映画『シムソンズ』

カーリングといえば2006年トリノが記憶に新しい、スキップの小野寺歩にマリリンこと本橋麻里らの活躍で、メダルには届かずとも彼女達に日本中が沸いた・・ トリノに出場した"チーム青森"の小野寺歩と林弓枝は、2002年のソルトレークシティオリンピックに出場した

『シムソンズ』\'06・日

あらすじ北海道常呂町の高校に通う女子高生、伊藤和子(加藤ローサ)は、無為な日々を過ごしていた。ある日、和子は98年長野冬季オリンピックに出場した地元の英雄、加藤真人(田中圭)がTVニュースに映っているのを見る・・・。感想日本映画専門チャンネルで観ました...

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。