SPIRIT

「ダニー・ザ・ドッグ」の好演も記憶に新しいジェット・リーの新作。日本代表で中村獅童が出ているのも気になる。映画の日ってことで、「南極物語」に続いて鑑賞。
予告編で大体の内容はわかっていたものの、予想していなかったことが二つあった。

一つは、リー扮する霍元甲が最後に死んじゃうこと。ここは感動のポイントだ。通路を挟んで隣りに座っていた男が、盛大に鼻をかんでいた。ティッシュを取り出す音がガサガサガサガサうるさくて、こっちは逆に興ざめ。号泣してもいいけども、少しは周りに気を使ってください。気が散っちゃって、気づいたら映画終わってました。がくっ。

もう一つは、あの悲惨な事件が起きるまでの、霍元甲の性格描写だ。自分の強さに有頂天になり、まったく周りが見えない裸の暴君になるものと思い込んでいた。そうではなかったね。

確かに、母の教えにも友の忠告にもまったく耳を貸さないし、口を開けば「天津一」と、まるでバカのひとつ覚え。力は一流でも、オツムは三流ではある。でも、自分を慕って集まってくる弟子入り志願者には寛容だし、娘を溺愛するよき父でもある。事件のきっかけは、愛弟子がボコボコにされた落とし前をつけるためだ。これは予想とは違う。それほど悪い人じゃないじゃない。

娯楽映画として考えた場合、前半は徹底的にダメダメに描いた方が、後半とのコントラストがはっきりしてわかりやすい。でもそうはしなかった。きっと、実話の重みを、話の娯楽性で崩したくなかったんだろう。そしてそれは、成功しているように思う。霍元甲が全編通して魅力的で、大画面で語るにふさわしい人物になっているからだ。

霍元甲の最後の対戦相手として、なかなかの存在感を示した中村獅童。彼が演じた田中安野は、日本人として胸を張りたくなるほどの、立派な男だった。茶について交わした問答で、持論を貫き通すかと思いきや、感銘を受けたと素直に頭を下げる。4対1の試合に意義を唱え、血を噴いた相手の体を気遣う。そして、それでも戦うとなれば全力で戦うことを告げる。これだけの日本人像、よくぞ外国人が作ってくれたよ。本当に誇らしくなった。

一方、三田のようなクソ野郎もいるけどね。「ラスト・サムライ」に続いて、日本の恥を演じた原田眞人監督。今や、外人に見せたくないタイプの日本人として、1、2を争う勢いだ。もう監督辞めて、最低人間専門役者として売っていった方がいい。

「ジェット・リー最後のマーシャル・アーツ大作」なんて触れ込みだけど、アクション映画もうやめちゃうってことじゃないよね。彼の出る映画は、ドラマとアクションが見事に融合していて、とても見ごたえがあるんだから。まだ40を過ぎたばかりじゃない。次も楽しみにしてまっせ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[440]

こんにちは。
ジェットリーの主演映画スピリットの主題歌、ジェイチョウの曲の差し替えの件で問題になっているのはご存知かと思います。この映画について詳しく時系列をおって説明しているサイトがありましたのでお知らせしますね。
http://spirit-jaychou.hp.infoseek.co.jp/
映画についても、差し替えで問題になった曲についても詳しいので一度見てみてくださいね。私もこの話題にはまだ胸の中がすっきりしないので協力できたらとおもってかきましたが、ご迷惑でしたら失礼します

[441]

>はてなさん
サイト拝見しました。この問題、かなり大きくなってたんですね。
主題歌差し替えって、観てる方はものすごい違和感あって、やられるたんびに抗議の声が上がります。それなのに、どうして懲りずに愚挙を繰り返すのか、ずっと疑問でした。バカですよね。
そろそろ配給側も、曇りに曇った目をぬぐって、現状を理解するべき時ですね。日本のアーティストも、いい宣伝の機会だなんて思わないこと。嫌われるだけです。百害あって一利なし。今回のバンドも悪名だけ高くなっちゃいましたね。でも同情はしません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/507-202aa860

映画『SPIRIT』

原題:Fearless(霍元甲)およそ1世紀前の1910年9月14日、初めての公式な異種格闘技戦が上海で開催される・・伝説となった実在の武闘家、心優しき男の生涯がここに綴られる フォ・ユァンジア(ジェット・リー)の幼少時代は喘息持ちで身体が弱かったため、名だた

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】