スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイト・オブ・ザ・スカイ

フランス発のスカイ・アクション。仏空軍全面協力のリアル映像が話題だ。メンズデー1000円で鑑賞。
CG全盛のこの時代に、あえて実写の迫力に挑戦した、その意気込みは買う。そして、確かに迫力はあった。問題は映画にあるんじゃない。観る側、つまりオレの方にあるんだな、これが。

「すげー!さすが実写だぜ!」と言いたくて劇場に足を運んだのに、そこまでの感動がなかった。逆に、「今の全部CGだよ」と言われても驚かないだろう。それほどまでに、CGの擬似映像に慣れてしまい、毒されてしまっているのだ。それどころか、「もしかして、CGの方がもっと面白いアングルで撮れたかも」なんて、CGの肩まで持ったりして。

ひどいね、まったく。反省しますわ。でも、もはや実写のありがたみをそのまま受け入れられない体になってしまったんだな。生の映像の方が圧倒的に大変なはずなのにね。こんな自分が、少し哀しいわ。

ストーリーの方は、ずいぶんとひねってあって、逆に無理が出てしまった。だって、最新戦闘機を盗ませるために、ずいぶんと手の込んだ罠仕込んだもんだよ。航空ショーの最中に戦闘機を撃墜させて、エリートパイロットを除隊させて、米仏大陸横断スピードレースへ誘うんだから・・・長いよ。

戦闘機が強奪されて、やっとこさ気づいた真の黒幕。「灯台守の恋」で寡黙な人情オヤジが印象的だったフィリップ・トレトン。まさか彼とはね。でも、あっちとは雰囲気全然違う。クールでクレバー、存在感たっぷりな野心家だ。こんな役も重厚に演じちゃうんだね。トレトン株、現在急上昇中です。

主役のブノワ・マジメルも、天才トップガンをそつなくこなしてたけど、それ以上に訴えるものはなし。今回の勝負、オレが行司ならトレトンに軍配を挙げる。トレトンの勝ち~!

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/487-8e7a1d7f

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。