スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサルト13 要塞警察

名作の呼び声高いジョン・カーペンターのオリジナルは未見。リメイクを先に見る事になってしまった。公開初日、レイトで観てきた。
こりゃ思いっきりB級映画ですな。部下を死なせてクスリと酒に逃げる警察署長。定年間近のベテラン。お色気担当の女事務員。大物感漂う悪党。真冬の猛吹雪に孤立する舞台。強力な武器で襲い掛かる極悪集団。登場人物も設定も、何から何までB級のオンパレードだ。

それを演じるのが無名の俳優たちなら、普通のB級映画だ。この映画は、それを超有名俳優たちが嬉々として演じてるのが、なんともすごい。イーサン・ホークにローレンス・フィッシュバーン。ガブリエル・バーンにジョン・レグイザモ。そして、大御所ブライアン・デネヒー。なんか久しぶりに見たなー、彼。80年代にはいろんな映画に出てたのに。老人度がさらに増したようだけど、まだまだ元気そうで、観ててうれしくなっちゃった。

設定はいかにもな感じでも、途中からの展開は結構意外で、面白かった。大物悪党のマリオンを子分が助けにくるのかと思いきや、逆にマリオンを殺しに大軍が13分署に押し寄せる。しかもそれが、悪徳刑事どもだっちゅうからビックリ。このありえなさ、ハンパじゃありません。

さらには、そいつらに対抗するために、捕まえていた犯罪者たちに武器を持たせて、一緒に戦うんってんだから、ぶっとんでます。ここまでやられると、もうこっちも腹が据わるね。よし、いいも悪いもみんな助けあって、もっと悪い奴らギャフンと言わせてくれや!

普通なら敵同士の警官ジェイクと犯罪者マリオン。彼らが「休戦だ」と言って戦う様子は、不思議な感動を呼ぶ。これはまさに「カリオストロの城」と一緒!冷酷な伯爵に立ち向かう、ルパンと銭形のとっつぁんだよ、これ。

モラルのかけらもない刑事マーカスを倒した2人。逃げようとするマリオンに、傷が深くて追うことができないジェイクが言う。「お前は絶対にオレが捕まえてやる」。くーっ、言うじゃねーか。この2人の異形の友情に、すっかりはまってしまいました。あんまり期待してなかったけど、意外な拾いもんよ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[415]

これ意外に面白かったですね、役者のキャラも濃くてw
若干最新武装の割には悪徳警官が弱過ぎでしたが、かなり楽しめましたw

[416]

>linさん
うん、意外に面白かった。
この「意外に」が欠かせません(笑)。
キャストが豪華すぎなんですよ、内容対比。
ガブリエル・バーンは確かに若干役不足でしたね。
もっと悪辣でもいいのに。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/481-d32566d1

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。