フライトプラン

昨夏、ネットで予告編を見たときから、とても気になっていた。でもよく似た感じの「フォーガットン」がアレだったので、期待半分不安半分だ。レイトで観てきた。
いつも毅然とした印象が強いジョディーが、呆然としながらダンナの死と直面するオープニング。幻想的でちょっとわかりづらかったけど、このシーンが後々重要な伏線となる。

娘が忽然と姿を消し、機内を大騒ぎして探し回る。娘はもう死んだと言われ、完全に変人扱い。観てるこっちまで、ジョディーおかしいんじゃないの?と思い始めてしまう。「フォーガットン」の二の舞はないだろうけど、まさか夢オチ?病気オチ?そうなると、ちょっとガッカリだなあ。そんな映画じゃないことを祈るが、でもそうなのかな・・・。

カウンセラーまで出てきて、いよいよその可能性は高まっていく。予告でも出ていた、窓のハートマークにしても、自分でつけたのを忘れただけかもしれない。ここまできたら、彼女を信用するのは難しい。

しかし、もし病気オチなら、映画の中盤でここまでバラしてしまうだろうか。これだけ主役変人説を唱えられると、逆の疑問が湧いてくる。これ、ちょっと違う・・・本当はジョディーが正しいのか?確かに、娘も死んでるなら、棺がダンナの分しかないのはおかしい。一理あるではないか。でも・・・どうやって?

ここまでの引っ張り方は、本当に見事だった。こんなにありえない状況を作って、それを完全にひっくり返すんだからすごいよ。でもまさかヤツが犯人とはね。

明かされてみれば何のことはない。結構しょぼい犯人だ。分からなかったんだからケチつける権利はないんだけども、こんな壮大な仕掛けが、悪徳刑事と共犯スッチーの二人だけでできるもんなの?できちゃうんだね。予告編があおりすぎなんだよ、「乗客全員があやしい」なんてさ。

「ニュースの天才」で、なかなかのバイプレイヤーぶりを見せたピーター・サースガード。でも、こういう大作で大物ジョディーの向こうを張るには、ちょっと見劣りします。華がないからね。これもしょぼさを感じる一因だ。

さらに理解できなかったのが、誘拐の必要性だ。爆弾とどういう関係があるの?棺は必要でも、誘拐は不要でしょ。母親を錯乱気味の異常者に仕立て上げた理由は?単に怪しいヤツと思わせるため?どう考えても無理がある。

大体、機長に「なんで彼女が」と訊かれて、「よくわかりません」って答えてるし。お前がわかんねーのかよ!(笑) これじゃ、観客に分かれという方が無理だ。

大体、娘は普通に搭乗してるんだから、誰かに覚えられてても不思議じゃないでしょ。もしかしたらグズって泣いて大騒ぎして、記憶に残られていたかもしれない。それだけのリスクを犯しても、あれだけの事をする理由が思いつかない。

強引なネタには納得できなかったが、燃える飛行機から娘を抱いて降りてくるジョディーには、思わず身震いしちゃいました。後光が射して見えるぜ、ジョディー。「すごい母親だ」という言葉に激しく同意。

一方的な疑いをかけられたアラブ人が、カバンを差し出すラスト。「フォーガットン」になかった、ある種の達成感が感じられた。終わりがいいので、犯人なんかどうでもよくなっちゃったね。

<おまけ>
急ぎでちょっと小走りする時、つい「ジュリア!」と叫んでしまうようになりました。これやると、なんか気合が入ります。みなさんもお試しあれ。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[407]

Taoさん、こんにちわ。キングコングは結局観れませんでした・・。悲しいけどDVDで見ます(;^;)
先週、フライトプラン観て来ました!!正直・・ガッカリ・・・友人は「おもしろかったね!」と言ってたけど、私は納得いかない部分が多くて・・・・Taoさんのツッコミに(うんうん)とうなずきまくり!
しかも、あのアラブ人騒ぎは何だったの&完全に犯人扱いしてたのにラストで対面した時のジョディのえばった態度・・・少しは謝れよ!と心の中でつっこんだ私でした(笑)
また、遊びにきま~す☆

[408]

>知奈さん
「キング・コング」観れなかったの!?
それは悲しい・・・忙しかったんですね。
でも「フライトプラン」は観たのね(笑)。
ははは、オレも最後はちょっと思いました。
「ごめんね」ぐらい言っても、バチは当たらんのにね。
あのアラブ人、人格者であります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/474-2585a572

『フライトプラン』

高度一万メートルの密室、ひとりの少女・・・。容疑者=425名の乗客。それは、史上最悪の飛行計画(フライトプラン)。 ■監督 ロベルト・シュヴェンケ■脚本 ビリー・レイ■キャスト ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン、ピーター・サースガード、エリカ・

映画DVD「Flight Plan (フライト・プラン)」

本日のお題は「Flight Plan」(TOUCH STONE)である。大分前に買っておいたDVDなのだが、毎度のことながら今日まで観るのを失念していた(笑)。主演に(もうすぐ44歳になる)ジョディ・フォスター、助演男優にラッセル・クロウをちょっくら若く

フライトプラン

第一声、ジョディフォスター老けたな!第二声、おいおいこれで残り80分もつのか?まっ、そんな印象の映画でした。

全ては他人の無関心、いや妄想か・・・「フライトプラン」

愛する夫を突然亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイル。

映画『フライトプラン』

原題:Flightplan最新鋭ジャンボジェット機、高度1万mの空飛ぶ密室で四面楚歌、冷たく罵られ信頼できそうな人は誰もいない、発狂しそうな状況下で母娘の絆が目を覚ます カイル(ジョディ・フォスター)は、突然の夫の死により棺とともに、6歳の娘ジュリア(マーリー

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】