スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE 有頂天ホテル

三谷幸喜監督の最新作だ。彼の作品が地元のシネコンでかかるとは思わなかった。それだけビッグなプロジェクトということだろう。キャストも豪華で期待も高まる。レイトで観てきた。
彼の映画に対する期待、それは、深い感動じゃない。明るく楽しい時間が過ごせたら、という期待だ。そして、期待通りの作品に仕上がっていた。

俳優たちが、自分の役を楽しんで演じているのが伝わってくる。どの役も見せ場があって、監督の細かい気配りが感じられた。一人一人を挙げていこう。

一番期待していたのは、松たか子。特にファンではないのに、銀幕に映る彼女はいつも魅力的に見える。「四月物語」も「隠し剣 鬼の爪」もそうだった。そして本作も、期待を裏切らなかった。清掃係の制服でもかわいかったが、いかにも高そうなネックレスを着けた時は、あまりの美しさに卒倒しそうになった。ネックレスに負けてなかったね。元愛人の政治家に、「真相は隠し通しなさい」とアドバイスするくだりは、ちょっと変だと思ったけど。

松たか子に負けないくらいキレイだったのが、娼婦役の篠原涼子。彼女、あんなに演技力があるなんて思ってなかった。完全な部外者でありながら、ホテル中をかけまわって、全編出ずっぱり。あの役をあんなに生き生きと演じられる役者は、そういないんじゃないだろうか。まさにハマリ役。賞レースには絡まないかもしれないが、絡んでも不思議はない。それくらい素晴らしかった。魅力的だった。

真面目で堅物が似合う役所広司。今回は、ソフトな感じを加え、理想的なホテルマンを体現していた。ただマジメなだけじゃなく、鹿のスピーチなど、笑いもしっかり取っている。力みの入った「SAYURI」よりも、力の抜けたこっちの方がよく見えるね。

役所のアシスタントとして、有能さを発揮したのが戸田恵子。それほど目立つ場面はなかったけど、彼女が画面に出てると安心する。何か起きても、彼女がなんとかしてくれると思わせる。そんな信頼感が感じられる演技。笑顔がいいのよね。

夢破れたベルボーイ役の香取慎吾。脇役をわきまえてて、あんまりでしゃばってなくて好感度アップだ。ドンキホーテの歌、よかったなー。歌だけでも感動したよ。

歌といえば、YOUだ。今じゃすっかり面白タレントだけど、彼女、元は歌手だもんね。うまいはずだよ。「フェアチャイルド」やバンドブームを思い出しました。懐かしいなー。

内気な筆耕係、オダギリジョー。すごいカツラメイクで、最後まで彼だってわかりませんでした。ラスト、ツリーを見上げる表情に、「あれ?もしかして・・・」と、やっと気づいた。あんな役にオダギリジョーをキャスティングするセンス、キライじゃありません。

自殺志願の演歌歌手の西田敏行。ビッグな役者なのに、お尻まで出しちゃってまあ。あれは笑いました。反則だけどね。ときどき、ダチョウ倶楽部の上島竜平がかぶっちゃって困った。彼がモノマネしてるのに、逆転してます。それだけ似てるのよね。

もっともっと沢山の役者が出ていて、みんなに見せ場があって、うまく交差している。この脚本書きは、ものすごく大変だったろう。劇場で観る価値がある、レベルの高い映画だ。これは、三谷監督の最高傑作と言ってもいい。

最後に。ひそかにうれしかったのは、ガチョウ腹話術の大道芸人役で、榎木兵衛さんが出てたこと。久しぶりに観たなあ。元気そうでよかった。

そのとおりと思ったら、ポチッ!

Comment

[395]

こんにちは。面白かったですね。最近、重い映画が続いたので、とても楽しく観られました。豪華なキャストそれぞれに見せ場を作っていて、よくできた脚本だと感心しました。伊藤四朗なんて、白塗りで走り回っている存在そのものがコメディだし、佐藤浩市も身勝手だけど、どこか憎めない役どころをとても上手く演じてたと思います。この映画を観た後、ホテルに行く機会が何度かあったのですが、ついつい、スタッフを意識してしまいました。濡れたタオルはソファに置かないようにしましたし(笑)YOUの歌は、大学の学園祭にフェアチャイルドが来て以来で懐かしかったです。年がバレますね(笑)

[396]

>さえこさん
伊藤四朗のこと書かなかったけど、ハマリ役でしたね。
周りが気を使うようなベテランのはずなのに、
ああいうの嬉々として演じてる。
ホントに好きなんでしょうね。
佐藤浩市も書きませんでしたが(笑)、
テキトーな政治家でしたね。
彼のコメディ演技、まだ硬い感じもしたけど、
それでも通じる役でした。
大学の時にフェアチャイルド!ステキです(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://creview.blog67.fc2.com/tb.php/466-88374a12

今日の映画「THE 有頂天ホテル」

考えずに映画を見たいなとおもう人には不向きかもです。私は「笑い」であっても一度考えて消化してあ~なるほど!と笑いたいタイプなのですがそういうタイプの人にはちょっと不向きなのかな~まぁそれでも面白かったですけどね。ホテルアバンティ副支配人・新堂の今年最後の

«  | HOME |  »

タイトル一覧/記事検索


最新記事


記事ランキング

アクセス解析


検索ワードランキング


レンタルCGI


最新トラックバック


最新コメント


カテゴリ


プロフィール

Tao

Author:Tao
性別:♂
子供の頃から映画が大好き!いっぱい観てきたつもりですが、まだまだ勉強不足です。毎日映画だけ観て暮らすのが夢。


RSSフィード


リンク



【BDもDVDもBOXで!】


【あの映画をお手元に!】





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。